2005年07月29日

お店看板考

相模大野コリドー商店街とその周辺には、
たくさんの店が並んでいる。
なんとなく絵になりそうなお店を選んで
写真に撮って見た。
(写真はクリックすると拡大できます。)

mise01web.jpg

これはコリドーに入ってすぐのところに
店を構えているお茶と海苔のお店だ。
何故か抹茶ソフトクリームも売っている。
まあお茶つながりではあるのだが、
お茶とソフトクリームの併売のお店を
見たのは正直言ってはじめてだ。
店内にある緑色のソフトクリームの
立体看板がすごく目を引く・・・。


mise05web.jpg

なんの変哲も無いフレッシュネスバーガー
ただ、なんとなく店のシチュエーションのせいか
すごくアメリカンな雰囲気だ・・・。
制服姿のOLさんがコーヒーらしき飲み物を
飲みながら、のんびりと街に行きかう人を
眺めていた。


mise04web.jpg

ここもなんの変哲も無いミスタードーナツ
でもこの建物は結構味があって良い。
なんかアメリカの中規模くらいの都市の
街角にありそうな雰囲気がある。
建物のちょっと疲れた感じが好みだ。
さっきのフレッシュネスバーガーの店と
併せてこの一角はアメリカンな雰囲気とも
言えなくは無い。(笑)


mise07web.jpg

炭火焼のお店らしい。
レンガの壁と木の扉と看板が格好良い。
レンガもこのくらい焼きが入った色だと
けばけばしくなくて、洋風にも和風にも
マッチするような気がする。


mise06web.jpg

ここは酒屋さん。
看板の男女は一緒にワインでも飲んでいるのだろうか?
抑えた緑色がいい感じだ。
ヨーロッパのお店の看板をお手本にして作ったのじゃ
なかろうか・・・。


mise03web.jpg

やきとりの店があった。
この入り口から階段を地下に降りていく。
打ちっぱなしのコンクリートの壁に
木材で門をつくり、白い店名と炎のロゴを
シンプルに描いただけのものだが、かなり
目を引くので正解だろう。


mise02web.jpg

ここも炭火焼の店らしい。
うさぎの看板のイラストが可愛くて気に入った。
うさぎが酒瓶とフライパンを抱えて両足で立ってる。
ピータラビットを和風にアレンジしたテイストなのかな?


mise08web.jpg

英国式足裏マッサージのお店。
いわゆるリフレクソロジーを受けられるらしい。
緑色と金色を使って、英国らしさを醸し出している。
こうやってぶらついていると、足に負担がかかるので
ここでマッサージしてもらうのもいいかも・・・。


こんなふうにちょっと商店街をぶらりしただけで、
面白い看板のお店がいくつか目に入った・・・。
でも残念ながら、一件一件中に入って確認するわけにも
いかず・・・。
さっと紹介するだけにとどめよう。
(誰かここで紹介したお店に入ったことがある方は、
是非どんな雰囲気だったか教えてね!)




ここ相模大野は名前からも想像できるように、
相模の国の大きな野原なわけで、ここの周辺は
起伏が少なく、平地がひたすらに続いている。

商店街から離れたところに何か見所があればいいな〜と
思いつつ、もう少し歩いてみることにした。

〜次回に続く・・・。

posted by おいら(妄想の貴公子) at 18:57| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | お店紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

幻の回廊(コリドー)

さて、ようやく相模大野駅に降り立ったものの、正直土地勘が無いので
一体どこから歩けばいいものやら・・・。と途方に暮れていた。
カメラを抱えたまま駅前のテラスでぼーっとしているおいらの姿に、
あまりにも大人の男の色気と渋さがにじみ出てしまっていたのだろうか?
「あの・・・何かお探しですか?」と突然声を掛けられた。

その可憐でやわらかく、女性らしい華やかさを兼ね備えた声の方に、
驚いて目を向けると、そこにはまさしくその声から受ける印象そのままの、
すらっとした美女がたたずんでいた。
セミロングのさらさらな髪のキューティクルが、夏の日差しの中で
キラキラ光っていてまぶしい。 (ああっ!目があけていられないっ!!)
でもそれ以上にまぶしいのが、彼女の澄み切った瞳とこぼれんばかりの笑顔だ。
薄いブルーのワンピースがあまりにも上品にフィットしていてモデルのようだ。

おいらが「相模大野に来て良かった〜っ!!」と心から思えた瞬間だった。
「私、ここのそばの女子大に通っているんですけど、良かったらご案内しましょうか?」
信じられないような申し出だ・・・。
こんな事が本当にあって良いのだろうか?
まるで夢のようだ・・・。

・・・・・



夏のあまりにも暑い日ざしで、少しの間気を失ってしまっていたようだ・・・・。
ティッシュ配りのお兄さんの元気な声に正気に返った。
あわてて辺りを見回すが、もちろんそんな美女がいるわけも無く、
全ては白日夢だったらしい。(涙)
まだ駅から降りて3分も経っていないのに、こんな妄想をおいらに見せるとは
恐るべし相模大野!!

気を取り直していこう。

eki0005.jpg

テラスからまっすぐに商店街が伸びている。
向こう正面に見えるのが相模原伊勢丹だ。

eki0010.jpg

この商店街はどうやら「コリドー」という名称らしい。
コリドー【corridor】 回廊。
離れている二つの国の間または内陸国と海との間を結ぶ細長い地域のこと。

eki0006.jpg

相模原伊勢丹の方から今来た駅方面を振り返る。
なるほど、細長くてまさに回廊のようだ。
このまっすぐに続く道自体は車が通れる余裕は無く、両サイドにはアーケードの
商店街が続いている。
結構近代的な印象の商店街なんだけど、ちょっと自転車の駐輪が目立つな〜。
すっかり駐輪スペースとして使われちゃってるけど、ここに停めてて撤去とか
されないんだろうか?ちょっと心配になった。

eki0007.jpg

これは相模原伊勢丹のA館とB館をつなぐ渡り廊下。
半月型の窓の向こうに、渡り廊下を歩いていくさっきの幻の美女の姿が見えたような・・・。
「ああっ!いかん!水分補給せにゃぁ〜。」
今日はコリドーの幻に出逢ってばかりだ・・・。

う〜ん・・・・。
それにしてもまだ駅を降りて10分くらいしか経ってないけど、たいした中身も無く
記事2日分も使っちゃったよ〜。
ここから先どこをどう歩こうかな?

一応商店街のお店もチェックはしてみるつもりだけど・・・。

「男の買い物日記相模原出張所」・・・はっきり言って、ここからどうやって
続けていけば良いのかまだ分かってません。
ちょっと不安・・・。(汗)



posted by おいら(妄想の貴公子) at 18:17| ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

相模大野ってどうよ!

小田急線相模大野駅を訪ねてみた。
新宿から下りの電車に乗ると、小田原駅を終着駅とする小田急小田原線と、江ノ島駅を
終着駅とする小田急江ノ島線とに分岐する駅がある。
それが相模大野駅だ。
神奈川県民や、小田急線を普段の足に使っている人なら、大抵の人が耳にしたことが
ある駅名のはずだ。

ただし、乗り換え駅として通過してしまう場合が多く、おいらも実際にこの駅に降りるのは
本当に久しぶりだ。

降りてみてビックリした。
「結構発展してんじゃん!!」

eki0001.jpg

写真は駅の改札を降りてすぐにある駅ビルステーションスクエア
改札口とは3階でつながっている。
さくらや、相模大野ミロード、XSITE、ホテルセンチュリー相模大野、小田急OXなどが
キーテナントとして入居している。

eki0000.jpg

改札口から北口の広い空中テラスに出る。
近代的な印象を受ける建築物だ。

eki0003.jpg

ファッションビルモアーズが目に入る。

eki0008.jpg

いやいや驚いた。
最近はこんなふうになっちゃってるんだ相模大野・・・。
隣の駅がプチ新宿と言われるくらいの商業発展地域町田駅なんで、
ついつい買い物は町田まで行っちゃうんだよね。
(念のため言っておきますが町田は東京都です。神奈川県ではありません:笑)
そんな訳で、この駅がこんなに発展してるなんて思いもよらなかったぁ〜。
そういえば伊勢丹もあったんだよな〜この駅って。

う〜ん・・・この駅前がどんなふうになってるのか、ものすごーく気になってきた。
ちょっと散歩がてら探索してみましょうかね!!

というわけで「男の買い物日記(相模原出張所)」はじめます。
posted by おいら(妄想の貴公子) at 12:40| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。