2005年09月24日

イラストアート展2005開催中!!

相模大野駅周辺では9月23日(金)〜25日(日)にかけて「相模大野アートめぐり
なるイベントが実施されている。
あいにくの天気ではあるが、意外にもお客さんが足を運んでくれている。
相模大野アートめぐりは、相模大野駅周辺のギャラリーやお店など11会場が
設けられ、そこをめぐって6個以上スタンプを集めると抽選でプレゼントが当たるという
スタンプラリー型イベントだ・・・。
詳細はここから見ることが出来る。

この相模大野アートめぐりのイベントの一つに
人・街・くらし イラストアート展2005」があるのだが、これは相模大野
近郊で活躍中のイラストレーターや、このイベントに賛同してくれる有志のイラストレーター
たちの作品を持ち寄り展示を行うものだ。
当初の予定よりも多くのイラストレーターやイラストレーターの卵たちが、精力的に
作品を出展してくれたお蔭で、約180点もの素晴らしい作品たちが集まった。
(恥ずかしながら、おいらも2点出展した....。)

art06.jpg

イラストの展示は全3会場で行われ、その会場の一つ「三栄ハウス株式会社」本社の
一階ギャラリースペースを訪問した。
相模大野に本社を構える三栄ハウスは木への強いこだわりを持つ、神奈川を代表する
ハウスメーカーの一つだ。
さすがに本社ギャラリーは、非常に洗練された華麗なスペースで、喫茶店も併設されている。
とても可愛らしい受付嬢さんの、優しい微笑に胸をときめかせながら、この会場に展示された
40点あまりの力作を鑑賞した・・・・。

art16.jpg

art12.jpg

現在活躍中のイラストレーターの作品が一挙に見れるなんて機会はなかなか無い。
独創性溢れる数々の作品に、圧倒される。

art19.jpg

雨にもかかわらず、ひっきりなしにお客さんが訪れている。
スナップ写真をもっと撮りたかったのだが、肖像権のことなどもあり、ついつい
シャッターを押せない状態だったのだが、おいらがいた半日間でも130名もの
人が訪れているそうだ!!(雨なのにすごいっ!!)

art04.jpg

art05.jpg

とにかくユニークな作品が並ぶ。

art01.jpg

3箇所に別れて展示されている作品は約180点。
このスペースはそのうちの40作品を展示している。

art02.jpg

art03.jpg

一つ一つの作品をお見せしたいのだが、諸問題も多そうなので、この程度の大きさで
我慢してね!

art14.jpg

art13.jpg

どこかで見たことがあるイラストもたくさん!!
実は有名実力派イラストレーターさんたちも出展している。

art11.jpg

art09.jpg

どれをとっても、オリジナル。
同じような作風の作品が無いのは驚きだ。

art08.jpg

art07.jpg

折角こうして実施にこぎつけた魅力的なイベントなので、是非毎年実施してもらいたい
ものだ。実行委員さんは大変だろうが、より認知度が高まれば、もっと多くの
イラストレーターからの賛同も得られ、相模大野周辺だけでなく、近郊からの
一層の集客も見込まれるはずだ。

一過性のイベントで終わってしまわないことを祈っている・・・。
相模大野をアートな街にしようよ〜!!

posted by おいら(妄想の貴公子) at 11:30| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

季節はずれの桜ストーリー

秋になったとはいえ、まだまだ暑い日々が続いている。
7月からブラブラし始めた相模大野だが、ちょっと気になっていることがある。
ブラブラしている場所が悪いのかも知れないが、相模大野駅周辺には
緑が極端に少ないように感じるのだ....。
商業施設と住宅を中心に発展しているこの街で、あまり緑の木々を見かけることは無い。
相模大野中央公園相模女子大などの学校施設には、もちろん芝生や緑の木々を
見つけることはできるのだが、ランドマークとして目立つような大きな木々の緑が
街全体としてみた場合には、少ないように思える。
相模大野には公園が少ないのだろうか?

sora&build01.jpg

駅周辺は大きなビルが立ち並び、青空に向かって背を伸ばしている。
やはり緑の入り込む隙がないのだろうか?

street02.jpg

大野銀座周辺をブラブラして、緑を探すことにした。
さすがに商店街じゃ緑なんて期待できないのだろうが....。
横浜の伊勢佐木町みたいに、商店街と緑が共存するようなところは全国的にも少ない。

street01.jpg

昼は開いていない飲み屋ビルの向こうにも商店街が広がっている。

sakura_01.jpg

商店街から少しはずれた場所に、比較的大きい緑を見つけた。
手前は広い駐車場が広がっているのだが、不思議な事に柵に囲まれていて、
利用されているようには見えない。かなりのスペースがあるのに....。
駐車場跡なんだろうか?回り込んで緑の木々に近づいてみた。

sakura_02.jpg

これはの木のようだ。
正直木の名前には詳しくないおいらでも、この木がであることくらいは分かる。
2本のの木が駐輪場の中に立っている。
もちろんこの時期に桜が咲いているはずもなく、今は青々とした緑の葉が、まだ強い
日差しをさえぎって、涼しげな木陰を駐輪場利用者に提供している。

sakura_03.jpg

春になったら、さぞかしが綺麗なんだろうなぁ〜!!
この駐輪場を利用する女学生の制服の肩に、ピンクの花びらがヒラヒラと舞い落ちて・・・・。
う〜ん....の甘〜い香りなのか?
それとも女学生の髪から発せられる甘〜い香りなのか....?
美しい花びらが舞い散るシーンの下、淡い恋心が芽生えて....そして....。
ああっ!!なんてスイートでポエムチックな展開なんだろ〜(遠い目)
(いか〜ん!このくそ暑い中で、またもつまらない妄想をしてしまった...。)

それにしても、相模大野駅周辺で見た初めてのかもしれない。
相模大野に住んでいるみなさんは、一体何処で花見するんだろうか?
地元のみなさん!是非教えてくださいな!!

sakura_04.jpg

自転車でそばを通りかかったおじさんに、このの木について尋ねてみた。
「昔は今の伊勢丹裏の中央公園あたりは、大きな米軍関係の病院になっていて、そこには
大きな桜があったんだけど、今ではすべて切り倒されて、残っているのは、ここのくらい
かも知れないな〜。でもこの辺りも再開発地域になっているから、この桜もいずれは
切られちゃうんだと思うよ。」

カメラを手にふらついている怪しげなおいらに対しても、おじさんは丁寧にコメントを
残してくれた。
ありがとう!!おじさん。
さっき気になっていた利用されていない駐車場の訳が分かった。
再開発用地として確保されているから、利用されていないんだ...。

じゃあ、いよいよ相模大野駅周辺では花見はできなくなっちゃうんだ〜!
う〜ん....もったいないな〜!

やっぱり日本人にはだよ!
再開発の際には、是非をランドマークツリーとしてエントランスや中庭に
植えて欲しいなぁ〜!!絶対素敵だと思うよ!
やっぱり大野住民がを愛でる場所も必要だよ!!(誰か働きかけてよ〜:マジで)

この話を相模大野在住の知り合いに話したところ、春にご自分で
撮られたというここのの写真を譲っていただくことができた。
この下の4枚の画像はその方に提供していただいたものだ。
再開発がいつから行われ、ここのの木がいつ切り倒されてしまうのかはわからないが、
もしかするとこの写真が、このの花の最後の記録になってしまうかも....。
(場所柄あまり写真に撮ってる人も少なそうだし)
貴重な写真になるかもね〜(笑)

sakura0000.jpg

sakura0001.jpg

sakura0002.jpg

sakura0003.jpg

花曇の空の下、ほぼ満開のの写真だ。
このに慰められたという住民の方々もきっと大勢いることだろう。
もう二度と見ることができないかも知れない、このの木が、この場所にこうしてあった事を、住民のみなさんは
ずっと忘れないでいて欲しいな〜”と、いつになくシミジミと思うおいらなのでした。



posted by おいら(妄想の貴公子) at 23:59| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

石ころペインティングアートat相模大野

さて、楽しかった夏休みも終わっちゃったね〜!
この歳になると、いざ夏が来ると暑くて外に出る気も無くなっちゃって、せっかくの
夏休みもエアコン効かせて部屋でごろごろ、ちっとも夏らしいことなんてしやしない!
せいぜいがテレビの心霊特集(夏の風物詩)やお盆休みの渋滞情報を見ながら
スイカを食べるくらいがいいところだ・・・。
頑張って鳴いている蝉の声さえ閉め切った部屋の中では聞こえやしない・・・。
こんなんで良いのか?自分・・・・。
いざ8月の終わりになってくると、夏の終わりが寂しくて寂しくてどうしようもない。
不思議なんだけど、おいらは夏以外の季節はずっと過ぎた夏の事を恋しく思っている
気がする・・・。夏には何の行動もしないくせにだ・・・。
やだね〜大人って・・・。

IMG_1101.jpg 

そんな訳で夏の終わりに、夏らしいイベントはないもんかな?って思っていたところ
見つけたのがこのイベント!

 ArtSeminar_f02.jpg

相模大野ペイントアート塾の第二回目のイベントとして
南文化センターで開催されたペーパーウェイト制作講座だ。
なんでも相模川で拾ってきた石に絵の具で絵を描いてオリジナルのペーパーウェイトを
つくっちゃおうっていうのが趣旨らしい。
なんか凄く面白そうだったので参加してみた。

IMG_1001.jpg

これが相模川で拾ってきた小石たちだ・・・。
どんなふうに自分達がペイントされるのかわくわくしているようにも見える・・
(やっぱり見えないか?)
結構色々な大きさ形のものがあるが、基本的には絵の具がのりやすいように
表面は平坦なものが多い。
これにアクリル絵の具でイラストを描いていっちゃうのだ!!
楽しみだ〜!!

IMG_1019.jpg

8月もそろそろ終わりの27日(土)ということもあり、親子連れの参加が目立った。
やっぱり夏の図画工作の宿題あたりを意識してなんだろうか?
夏休み最後の親子のふれあいタイムには最適なイベントかも・・・。
ただ9時というちょっと早い時間帯からのスタートであり、スタート直後は定員30名
のところ20名くらいか・・・。 (この写真はスタート直前の様子)しかし、9時5分くらいになると次々とお客さんが姿を見せ始めた。
結局は30名を少しオーバーするくらいの人数が集まった・・・。
今回の講座のメインの講師は講談社フェイマス スクールの添削者でもあるプロのデザイナー、イラストレーターの
斎藤氏。 (上写真左のグレーの服)


IMG_1078.jpg

子供達の表情が真剣だ。
この講座、大人も子供も男女も年齢の差も無く、非常に和気あいあいとした雰囲気で
進んでいる。
いい感じだな〜。

IMG_1045.jpg

どんなイラストが描けるのかはお楽しみ。
今回みんなが描いた石ころペイントは、9月の末に相模大野の公民館に展示されるらしい!
詳細は後日このブログでアップ予定だ。

IMG_1066.jpg

動物や植物、それに乗り物なんかの図鑑を参考に、子供達はイメージを膨らませていく。
もちろんママやパパも負けてはいないし、独身のお兄さんやお姉さん達もその表情は
真剣そのものだ・・・・。

IMG_1017.jpg

こうやって見ると結構面白い表現ができるよな〜。
実はおいらもビキニ姿のセクシー美女のイラストでも描こうと思っていたのだが、
なにしろ周りの子供達のキラキラした純粋な瞳の輝きを見たら、とてもじゃないが
描けなかった・・・(苦笑)
やっぱりピュアでファンタジックなイラストを描かなきゃ!!って思って
筆をとったものの・・・・何も描けず・・・・(涙)
やっぱり場違いだったか、場違いだったのか?おいら・・・・汗

IMG_1083.jpg

まあ、そんなこんなであっという間の3時間だったのだが、凄く短く感じた。

今、相模大野では、地元の有志が集まってアートによる街の活性化を目指している。
相模大野アートフェスタ
この相模大野ペイントアート塾もその一環だ。

参考までに相模大野アートフェスタのHPリンクを載せておく。
http://www.1st-stage.jp/sagami-ono/

今後もこのようなアートを意識したイベントをどんどん実施していくらしい。
この秋には神奈川県内のイラストレーターの作品を相模大野駅周辺のイベント
スペースで展示していくことも計画中だ。

このまま順調にアートによる相模大野活性化が成功すれば、おいらはアートタウン
相模大野
誕生の黎明期に立ち会ったことになるのかもしれない。
もしそうなったら凄いな〜!!
セクシービキニのお姉ちゃんの事ばかり考えている場合じゃないなっ!!
posted by おいら(妄想の貴公子) at 21:34| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。