2005年10月04日

オーナーの夢の結晶!カフェ ド ボア

なんか相模大野に雰囲気の良い喫茶店見つけちゃいました!!

cafe10.jpg

相模大野の中心に行幸道路って大きな道路が走っている。
この行幸道路は県道町田厚木線のうちJR横浜線の町田駅から
在日米陸軍キャンプ座間までの約7キロの道を指している。

行幸”なんてなんか大げさで、普段なかなか使わない言葉だと思うのだが、
昭和天皇が、陸軍士官学校の卒業式に行幸するための道路として作られたため、
この呼び名で呼ばれるようになったらしい。
まあ、なにしろ主要道路なので、相模大野付近をぶらつく時には、この道沿いを
歩くことが多い。

この日も、秋の気配も深まりつつある相模大野をぶらついていると、行幸道路
少し入ったところに、沢山の緑が目を引く喫茶店を見つけた。

cafe7.jpg

この喫茶店の名前は「カフェ・ド・ボア」
住宅地の中にひときわガーデニングに力を入れているお宅があるなぁと、近づいて
みたら、喫茶店だった。
うわ〜!なかなか良い感じだな・・・・。
店の中はきっと大野マダム達のたまり場になっているに違いない。

cafe9jpg.jpg

正直、男が一人で入るのにはちょっと勇気が必要だったが、思い切って中に
足を踏み入れた。
白い入り口の扉を開けて中を覗いてみる。

cafe8.jpg

思いのほか広々とした店内には、奥に大き目のキッチンカウンターがあって、
中から女性のオーナーさんが迎えてくれた。
小柄で上品な感じのとても感じの良いご夫人だった。
机もイスも適度な空間を開けて落ち着ける感じの配置になっている。
外のガーデニングイメージとは異なり、シンプルな内装だ。

ちょうど中途半端な時間帯だったこともあって、店内には人影が無く、
オーナーさんとゆっくりお話することができた。

なんでもオーナーさんは、昔から喫茶店を開くことが夢だったらしく、ここ相模大野で
自分の理想とする物件を見つけて、即断したらしい・・・。
この店はオーナーさんの夢の結晶なのだ。

「失礼ですが、このお店ちょっと奥まっているから新規のお客様はなかなか来られないんじゃ
ないですか?」

・・・と思い切って訪ねてみたところ、予想外の答えが返ってきた。
「いえ、この行幸道路沿いには沢山の会社があって、開店直後から大勢のお客様が
いらっしゃって下さって、すぐに軌道にのることができました。」
との事。
ただ、近所にあった資生堂の営業所や三栄ハウスの本社が移転してしまったので、
顧客が少し減ってしまったという。
「でも確かに新規のお客様よりも、ひいきにして頂いている顧客様が圧倒的に多いし、
客層は女性客が8割程度になるでしょうか。白い扉が男性客には入りにくいのかも
知れませんね。」
オーナーはそういって苦笑いされていた。

cafe4.jpg

オーナーは専門学校で料理を学ばれていたそうで、なんとオリジナルカレーのレシピの
味を競うという趣旨のテレビ番組に出演し、有名なホテルやレストランの料理長たちと
堂々競い合って、特別賞を獲得したこともあるとの事、店内には控えめにその時の
模様の写真が飾ってあった。

「じゃあ!ここのカレーはその時のスペシャルレシピをつかっているのですか?」
訪ねると、「いえ・・・今はそのカレーは出していません。なにしろコストも手間も
すごくかかってしまいますので、なかなか・・・・。でも、一度その番組の後で
限定でお出ししたこともあったんですよ。」


あ〜残念!一度そのスペシャルレシピのカレーを味わってみたかった・・・。

cafe6.jpg

このお店のことブログで取り上げても構いませんか?とお尋ねしたところ
快く了承をいただけたので、今回取り上げてみた。
でも、特に派手に告知していくつもりは無く、地味でもきちんと毎日のおもてなしを
大切にしていきたいとの事だったので、詳細の場所は書かないが、場所は行幸道路
小田急相武台駅方面に向かい、左側の住宅街にちょっと入った場所。
道路を挟んで右側にブックオフや南合同庁舎が見えてきたら、すぐそばだ。

ちなみに、今回おいらがお店で注文したのはアイスコーヒー。
スペシャルカレーが食べてみたかった・・・・。
なお、カフェ・ド・ボアボアとはフランス語でっていう意味らしい。
なるほど!


posted by おいら(妄想の貴公子) at 11:59| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | お店紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。