2005年11月29日

色づく相模大野

すっかり木々が色づいた相模大野をぶらついてみることにした。

夏場には何となく、緑が街の規模に対して少ないという印象を持っていたのだが、
この時期に歩いてみると、意外なほど鮮やかな紅葉を街のあちらこちらに
見つけることができた。
横浜あたりに代表されるのだが、紅葉が美しい銀杏並木やハナミズキ並木等がある街は、
大人の街なんだなって感じる。
黄色や赤色の落ち葉を踏みしめながら歩いていると、まるでヨーロッパあたりの古い街を
さすらっているかのような妄想が浮かんだりもする。

トレンチコートの衿をたててハードボイルドに歩くのも良いなぁ・・・。
隣には色っぽい大人の女性が寄り添うように歩いていたりして・・・。


「俺みたいな男には女はいらないぜ!」な〜んてニヒルにつぶやいたりして!
(↑古のハリウッド映画かいっ!)

park_a05.jpg

最初は伊勢丹相模原店の裏に広がる相模大野中央公園を訪ねてみた。
すっかり色づいた木々が、夏とはまるきり異なる印象を与える。

park_a03.jpg

かさこそと落ち葉が音をたてる。

park_a01.jpg

どんよりと曇った空の下、黄色く色づいた木々がとても綺麗だ。
公園の周辺にある木々は鮮やかに色づくことで、夏場よりも一層主張しているようだ。

park_a07.jpg

散歩すると気持ちの良さそうな道が沢山ある。
歩いているだけでクリエイティブな気分になれるようだ。

park_a09.jpg park_a04.jpg park_a02.jpg park_a12.jpg

相模大野中央公園はもともと米軍の医療センターの跡地らしい。
1981年に変換された後に公園として整備されたようだ。
大きな松の木は医療センター時代からそこにあったものを活かしている。

park_a10.jpg

中央公園をぐるっと回るように歩くと、相模女子大にぶつかる。
相模女子大の銀杏の木もすっかり色づいて綺麗だ。

park_a06.jpg

周辺の道路。

park_a11.jpg park_b03.jpg park_c04.jpg park_c03.jpg

公園のベンチで読書をしたり、くつろいだり・・・。
今日は寒さがそれほどではないので、ゆっくり紅葉を眺めながら過ごすのも良いなぁ。

park_a14.jpg

中央公園からグリーンホール図書館方面を眺める。

park_c02.jpg

中央公園を後にして、相模女子大を経由し、行幸通り沿いに座間方面に歩く。
しばらく歩いて南保健福祉センター方面に左折すると、府中道という歩行者用の道を
見つけた。面白そうなので府中道を歩いていくと小田急線の線路に突き当たった。
その先にもちょっとした公園を見つけることができた。

park_b02.jpg

その公園は小田急線の踏切を越えたすぐの所にあった。
相模緑道緑地と言うらしい。
神奈川県 東林間地区と書いてあったので、既に相模大野では無いのかも・・・。
ジョギングをしている男性やベンチで会話を楽しむ老婦人たちがいた。
やはり緑は大切なのだ。
この公園は近所の人の憩いの場所になっている。

park_b01.jpg

最後は相模大野駅 東口ロータリー。
ここの木も赤く色づいていた。

park_c05.jpg

今回相模大野周辺を歩いてみて気付いたのだが、予想以上に紅葉する木が多く
植えられていた。
ちょっとピークは過ぎてしまったかもしれないが、まだ十分散歩が楽しめるだろう。
是非、かさこそ音を立てる落ち葉を踏みながら散歩してみてはいかがだろうか?
また違った雰囲気の相模大野を見つけることができると思う。



posted by おいら(妄想の貴公子) at 02:53| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。