2005年12月09日

女子大生プロデュースのお店 マルゲリータ!

チャレンジショップという言葉を耳にした事はあるだろうか?
チャレンジショップとは:新しく商売を始める方を商店街が支援するお店の事。”

相模大野駅周辺でも商店街の空き店舗を利用して、その物件を、これから起業しようとする
新しい会社や、新しく店をオープンしようとする人などに格安で貸し出す事で
空き店舗を減らし、商店街の活性化を促進する目的で実施しているそうだ・・・。
ふむふむ・・・なるほど。
だからチャレンジなのか。 (一人納得してうなづく。)

で、どんな店があるのか確認したところ、相模女子大の生徒がプロデュースしている
という「マルゲリータ」というお店を紹介してもらった。
おおっ!!女子大生となっ!!
(早速おいらの目の色が変わったのは言うまでも無い。)
店舗の運営も販売する品物も、全てが相模女子大生によるものだと言うところに
この店の特色はあるようなのだ。

margalita10.jpg

外からちょっと覗いてみると、中では女子大生らしき女の子がレジに座っていた。
ううっ・・・男一人ではちょっと入りにくいなぁ・・・。
でも取材を理由に思い切って足を踏み入れてみた。
(あ〜取材だから良かったけど、普段の時では男一人では入れないかも。)

margalita11.jpg

中には相模女子大の生徒達が作った手作りのアクセサリーやら雑貨が所狭しと
並んでいる。(本当にこれを女子大生が作ったのかな?)

margalita12.jpg

店自体はそれほど広くは無く、客が2、3人入って店内を見て回ったら一杯だ。

margalita09.jpg

アクセサリー各種。こうしてディスプレイされていると普通の雑貨屋みたいな
雰囲気で、とても学生が手作りしたようには見えない。
かなり手先の器用な学生が多いのだろう。

margalita08.jpg

ビーズと紐で作られたアクセサリー。
こうしてコルクボードにディスプレイすると雰囲気が出てくる。
今後はもっとアクセサリーの種類を増やして行きたいとのこと。
相模女子大の新入生のセンスにも期待したい。
こうして物づくりをしたいと考える生徒がどんどん増えてくると良いのだが・・・。

margalita07.jpg

価格も手ごろな値段で、フリーマーケット感覚で購入できるものもある。

margalita06.jpg

相模大野イラストアート展に出品されていたイラストも並んでいた。

margalita01.jpg

ちょっと季節はずれだが、うちわも置いてあった・・・。
夏ならこういうのも風流で良いよね〜!

margalita04.jpg

白熱球の間接照明が店の中を暖かい光で照らしている。
手作りの物の良さは、こういう照明の下で一番映えるのかもしれない・・・。
フローリングの床もとても落ち着いた感じだ。

margalita03.jpg margalita13.jpg margalita14.jpg margalita15.jpg

猫型の時計も全て生徒の手作りだ。
プロダクトデザインの担当教授の方が発案して作ったらしい。
他にもポストカードやマフラー、スカーフ、カーデガンなんかも販売していた。

margalita05.jpg

外の告知用の黒板も手作り感覚だ。
ふゆモノ入荷の告知をしている雪ダルマが可愛い!

margalita16.jpg

そうそう。
この「マルゲリータ」の場所だが、相模大野銀座商店街の中にある。
HPもあるので詳細はそこで確認して欲しい。
商店街を3分ほど歩いて、さがみ接骨院の角を右にまがると見つけられる。

チャレンジショップのような空き店舗対策は様々な自治体で実施されており、中には
その小さな店舗から始めて大成功している店もあると言う・・・。
自治体の思惑とチャレンジしたい起業家のニーズがマッチし、それぞれのメリットが
見い出せるのだから、こういう施策はドンドン推進していくべきだと思う。

おいらも何かにチャレンジしようかなぁ〜・・・。




posted by おいら(妄想の貴公子) at 01:35| ☀| Comment(7) | TrackBack(1) | お店紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。