2005年12月27日

相模大野には「グリーンホール」があるのだよ!!

hall071.jpg

相模大野「グリーンホール相模大野」というホールがある。
1990年に建てられ、今年15周年を迎えたこのホールは、相模原市民が芸術文化を
鑑賞したり、文化活動を行う場として設置された施設で、今や相模原市の文化活動の
中心となっていると言っても過言ではない。
財団法人 相模原市文化財団が運営するこの施設は
相模原市文化会館」とも言うのだが、今ではグリーンホールの方が名前が通りやすい
かも知れない。

知り合いに相模大野の話をすると、
「あ〜!グリーンホールとか言う所にコンサート見に行った時に、
確かその駅で降りたことがある!」

な〜んて答えが返ってくる事がある・・・。
意外に有名なんだな、グリーンホールって。

実は、とある市民団体の活動に同行させてもらって、このグリーンホールの舞台裏を
覗くことができた。
たぶん普段はなかなか覗くことができないだろう舞台の写真を撮ってきたので、
ここでその一部をアップしてみることにした。

hall018.jpg

グリーンホールは、大ホール多目的スペースの2つのホールを持っているのだが、
この写真は大ホールの天井照明部分だ。
大ホールは1790名もが座って鑑賞できる、堂々たる収容能力を誇る。

hall011.jpg

ここは多目的ホール
この多目的ホールは基本の使用方法で240席あり、適度な広さでちょっとしたイベントに
最適のスペースだ。

hall001.jpg

伊勢丹相模原店に隣接しているので、相模大野駅からのアクセスも良好だ。
公演が行われる時は、この入り口前の通路が人々でいっぱいになる。

hall089.jpg

実際に入り口をくぐると、中はこんな感じだ。
右側がホール部分だ。

hall067.jpg

客席は1階部分と2階部分とに分かれている。
公演が行われていない時間帯の訪問だったため、お客さんが誰もいない空間は本当に
広々としていて圧巻だ。

hall034.jpg

俳優や歌手などのアーティストしか立てないはずの舞台に上がらせてもらった。
舞台裏の巨大な吹き抜けの空間で出番を待つ舞台装置。
これを目にすることができるのは本当に一部の関係者のみなんだろう。

hall032.jpg

舞台に立って正面から客席を見渡す・・・。
まるでスターになった気分だ。
マイクに向かって一曲歌いたい気分になってしますのは、おいらだけでは無いだろう!

hall073.jpg

あの劇団四季をはじめとする著名な劇団や、世界で活躍しているオーケストラ、
才能溢れるミュージシャン達が、この舞台で演じているのだ。
ミュージカル、演劇や、クラシック、ロック、ポップスなどのコンサートのスターと
同じ舞台に立っているということに軽い興奮を覚える。

hall015.jpg

音響効果の事は良く分からないが、高い天井に反響する音がリスナーの耳にまで理想的な
状態で届くのだろう・・・。
オペラなんかも聴いてみたいものだ。

hall026.jpg

見事な幕だ。いわゆるどん帳ってやつらしい。
和風のこのどん帳の他に、もう少し洋風の別な柄もあった。

hall023.jpg

これがもう一つの柄のどん帳。
街並みを描いた油彩風のものだ。抑えたトーンの色使いが上品だ。

hall092.jpg

グリーンホール入り口を相模大野中央公園側から撮った。
公園もすぐ隣にあって、公演観覧後の興奮を冷ましながら散歩するのも良いかもしれない。

相模大野をぶらつき始めて6ヶ月が過ぎたが、今回このグリーンホールの舞台裏を
覗くことができたのは本当にラッキーだった。
これほど素晴らしいコンサートホールがこの相模大野にあるなんて・・・。

「グリーンホール相模大野」
今までも素晴らしい内容の公演を成功させてきているが、今後もますます魅力的な内容の
公演を実施して、文化都市相模原のイメージつくりの大きな推進力となっていくことだろう。

近いうちに一観客として改めて訪れてみようと思っている。




posted by おいら(妄想の貴公子) at 11:42| ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。