2006年05月30日

女子大通りのキャラたちへ・・・。

例えば買い物に向かう途中や、通勤、通学でいつも通いなれている道を
歩いていて、ふと目にとまった看板。
そこに描いてあるキャラクターの表情がなんとも味わい深いのに気付き、
しばし立ち止まって見入ってしまう・・・。
そんなことはないだろうか?

いつものように相模大野をぶらつきながら、女子大通りには
この相模大野でしか見ることの出来ないだろうキャラクター
沢山存在していることに気付いた。

せっかくなので、今回は女子大通りで見つけたキャラクター達を
紹介することにする。

ちなみに今回おいらの指すキャラクターとは、人、もしくは動物、
想像上の生き物、目や口などを書き込むことによって擬人化してあるもの
などに限定している。
また、全国的に名の知られているキャラクターは、あえてはずしている。
たぶん大野を含め、一部の地域でしか見れないキャラが多いのではないかと
思う。

c17.jpg

ヘアサロンの看板に使われているキャラクターだ。
色使いもキャラクター自体も可愛くて気に入っている。
さしずめトコちゃんとでも名づけておこうか(笑)

c15.jpg

なぜか文化女子大の看板が。
この女の子のイラストの絵柄は過去に見たことがあるので、有名な
イラストレーターさんの作品なのかもしれない。
今時の女子大生をスタイリッシュに描いている。
たぶんリカちゃんとかいう名前に違いない!(←勝手に決めてる:苦笑)

c07.jpg c06.jpg c08.jpg

左側はロビーファイブキャラクターだ。
ロビーちゃんとでも言うのだろうか?
相模大野ご当地キャラである可能性が大だ!

真ん中は幼児・小学生向けの教室のキャラクターだ。
教室の名前がナーサリーなのでナーサリーと言う名前なのだろうか?

右側が薬屋さんの看板に描かれているゾウのキャラクターだ。
名前が思い浮かばない・・・汗(面倒みるゾウとか・・・?苦しいなぁ)

c01.jpg c02-1.jpg c09.jpg

左側は一目見て分かる。歯医者さんのキャラだ。
見たままで名づけると、天歯(てんし)ちゃんになるだろうか?

真ん中はクリーニング屋さんの看板キャラクター
アイロンをもっているので、ロン・・・とか・・・。

右側は人材派遣会社の看板だ。
は犬という名前らしい・・・駄洒落か???

c03.jpg c10.jpg c11.jpg

左側はウェルパークの木馬のキャラクターだ。
ウェルパークは東京の立川市に本社を置くドラッグストアチェーン
なのだが、木馬が良い感じだったので取り上げた。名前は・・・????

真ん中はお弁当屋さんのキャラクターだ。
耳がハート型になっている。手にバラを持っているのが乙女チックだ。
これも名前が思い浮かばないなぁ・・・・。

右側はq'sマート(スリーエフのフランチャイズ店舗)のキャラクターだ。
このお店 ”コンビニエンスストア”の利便性と“スーパーマーケット”の豊富な
品揃えを合わせ持つ”コンビニエンス・マーケット”らしい。
ちなみにこのロゴは、多摩美術大学の産学共同プロジェクトにより
制作されているとのこと。

c12.jpg c20.jpg c21.jpg

左側はクリーニング屋さんで見かけたキャラクタークリちゃん”だ。
太陽をモチーフにしたこのキャラはお店独自のキャラではなく、
お店が所属する神奈川県クリーニング生活衛生同業組合
使用されているもののようだ。

真ん中は耳鼻咽喉科クリニックのキャラクター
個人的にウサギ好きなので、何かの時には診察してもらおうっと!!

右側のキャラは、一枚目の写真で紹介したヘアサロンのもう一つの
キャラだ。店独自のものかは分からないが、オーナーさんはキャラ好きと
睨んでいる。

c13.jpg c14.jpg

左側は元たこ焼き屋さんのキャラだったのだろう。
今ではやっていないようなのだが・・・。

右側はピアノ・エレクトーン・バイオリン・歌の教室のキャラクターだ。
クマとネズミが楽しそうにレッスンしている(笑)

c04-1.jpg c04-2.jpg

PC等のリサイクルショップのキャラクターだ。
宝船に乗っている七福神が描かれている。

c16.jpg

コスメ&エステサロンのキャラクターだ。
ちょっとレトロな文字とデザインで、モダンガールなんていう
言葉が浮かんできた。


女子大通り近辺だけ見ても、こんなに多くのキャラクター
存在していたことは驚きだった。

キャラクターも芸能人のようなもので、デビューして全国的に
有名になるものもあれば、そうでないものもいる。
店の活性化という重大な使命をおびて、せっかく生まれてきたのに、
当初から名前さえ与えられないものもある・・・。

作者の思い入れの違いかもしれないが、生まれてきたキャラクター
作者自身の分身のようなものだと思う。
またお店のマスコットとして、長い間オーナーと苦労を共にしていく
相棒でもあるのだ。
だからこそ慈しんで、大切に育てていく必要があると思うのだ。

存在を忘れられてしまいそうになる、様々なキャラクターたち・・・。
たまにはこうしてスポットライトを浴びせてあげるのも、
必要ではないだろうか?

もしかしたら、この相模大野で生まれたキャラたちが、
何かの拍子に影響力のある人々の目に留まって、
全国的に有名になる時もあるかもしれないのだから。








posted by おいら(妄想の貴公子) at 00:10| ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。