2006年06月07日

”すかいらーく”はどこへ消えた?

すかいらーくと言えばデニーズと並ぶファミリーレストランの雄として
その存在を知らない人はいないだろう・・・。

デニーズ1号店が横浜・上大岡にオープンしたのが1974年。
すかいらーくはその4年前の1970年に東京都の国立市にオープンして
いたのだから、ファミリーレストランの先駆者であることは間違いない。
看板にもsince1970とある。

相模大野駅から行幸通り小田急相模原駅方向にひたすら歩くと
その渋い外観のすかいらーく相模原南台店が見えてくる。
造りからして、すかいらーくの店舗の中でも歴史が古い方の
店舗じゃないかと思われる。

skylark_web01.jpg

この記事を読んでいる皆さんの中には、
すかいらーくのどこが珍しいの?」って思われる方がいるかもしれない。

でも・・・でも・・・。
実は、純粋にすかいらーくを名乗る店舗は意外に少ないのだ。

すかいらーくグループの国内総店舗数4,419
(平成18年5月31日現在)の内、
純粋なすかいらーく店は155店舗しかなく、
神奈川県内では27店舗を数えるだけだ。

グループ内での業態変更が進み、
ガスト 1,033店
バーミヤン 715店
夢庵 313店
に続く4番目の店舗数という位置づけになっているそうだ。
(詳細はこちらからどうぞ。)

会社名でもある本体のすかいらーく自体が少なくなっているのは
ちょっと寂しい感じもあるのだが・・・。

skylark_web02.jpg

おいらが子供の頃は、家族ですかいらーくに出かけるのは
とても特別なイベントだった記憶がある・・・。
ハンバーグステーキ(目玉焼き付き)を食べるのが、最高のぜいたくだった
そんな70年代を過ごしていたのだ。
(なにせテーブルマナーもファミレスで学んだのだ!)

その後デニーズなどのライバルチェーンとしのぎを削って
店舗数 拡大政策をとったすかいらーくは、ロードサイドの
いたるところに見られるようになり、さすがに目新しさを感じることは
なくなってしまった・・・。

やがて社会人になったおいらは、ファミリーレストランより
もう少し背伸びをした店に行くようになり、すっかりすかいらーく
訪れる機会もないまま、気付けばすかいらーくの店自体を
見かけることが少なくなってしまっていた。

今回相模大野をブラついていて、この昔ながらの
外観の相模原南台店を見つけた時は、
まるで子供時代の幼馴染にばったり出会ったような、
そんな気持ちになったと言ったら少し大げさだろうか・・・(笑)


あ〜!久々にハンバーグステーキを食べたいな〜〜〜!!(⌒¬⌒*)んまそ・・・♪




posted by おいら(妄想の貴公子) at 23:26| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 或る日の相模大野(路上観察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。