2006年06月21日

相模大野であって相模大野でない場所

ここは本当に相模大野と言えるのだろうか?
厳密に言えば相模大野と言うよりは上鶴間だし、
最寄り駅も相模大野駅より小田急相模原駅の方が近いかもしれない。
だから、ここを「相模大野であって相模大野でない場所」と言い切るには
ちょっと無理があるのだが、相模大野駅からも充分歩いていける範囲なので、
勘弁してほしい。

あ〜!前置きが長くなってしまった(汗)
どこの事を指しているのか、近隣の方なら一発で分かっただろう。
そう!
「相模大野であって相模大野でない場所」とは米軍相模原住宅地のことだ。

USA04.jpg

相模大野駅から小田急相模原駅方面に行幸道路に沿って
15分程度も歩くと、道路右手に米軍相模原住宅地が見えてくる。

USA03.jpg

594,559平方メートルもの広大な敷地内は、日本であって日本では無い。
これだけの敷地があっても相模原市には税金が入るわけでもないし、
むしろ在日米軍の維持には日本の税金が使われているのが実情だ。

だから近隣住民の方々の中にも様々な感情があるのだろうと想像できる。
非常に微妙な問題なので、ここで多くは語らないが・・・。

USA02.jpg

この一枚の金網の向こうは日本じゃなくてアメリカなのだ。

不思議なのは金網と言う物理的な壁をはさんで、中の空気感さえも
雰囲気がガラッと変わってしまうところだ。
一歩踏み入れることを許されれば、本来なら必要な飛行機などの
移動手段の確保や、移動に伴う時間を無視して、一気にアメリカ
行くことができるわけだ。

英語が必要不可欠な時代と言われる現在、国家同士の複雑な問題を
考えなければ、身近にアメリカを学ぶチャンスでもある。
実際にこの米軍相模原住宅の中でも、英会話スクールホームステイなどが
経験できるという。
日本にいながらにして、アメリカホームステイできたり、本場の
イングリッシュを学ぶことが出来る
のが売りらしい。

USA01.jpg

ネットで見かけたのが、マミーズ イングリッシュ スクール(米軍ハウスで英語を学ぼう!)だ。
へたな英会話学校に行くより、文化の部分も併せて英会話の勉強ができそうだ。
年齢制限とかあるのだろうか? (無ければ嬉しいなぁ・・・)
値段も手ごろなようだし、本気で習ってみたくなってきた!!











posted by おいら(妄想の貴公子) at 11:45| 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 或る日の相模大野(路上観察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。