2006年06月28日

高原にいらっしゃい!!

さて、今回はいつもの相模大野を飛び出して、高原リゾート軽井沢から
リポートしている。

resort03.jpg

あいにくの天気ではあるが、適度に湿度を帯びた空気には、
新鮮な酸素と水分がたっぷりと含まれていて、かえってすがすがしいくらいだ。
森の中からは、吹き抜ける風が木々の葉をざわめかせる音や、
鳥のさえずる声がひっきりなしに聞こえてくる
時折雲から覗く太陽の光は、まだ弱々しいものの、やがて来る夏を
予感させるにふさわしい暖かい色だ。

「あ〜!やっぱり高原リゾートは空気がうまいなぁ・・・。」
おいらはそっと目を閉じて大きく深呼吸する・・・・。
・・・・深呼吸する・・・。
・・・・・・・する・・・。


・・・・って言うのは冗談で、ここは軽井沢でも高原リゾートでもない。
相模大野から2キロくらい離れた、相模原市大沼地区というところだ。

resort02.jpg

こんな場所が相模大野からちょっと行った所にあるなんてびっくりだ!
まあ歩いて来るには2〜3キロという距離は辛いものがあるが、
自転車やバイクなんかで訪れるなら、本当に気軽に来れる距離だ。

resort04.jpg resort12.jpg resort15.jpg
(↑小さい写真はクリックすると大きくなります。)

辺りはちょっとした森が広がっていて”本当に高原リゾートにでも
来ているのでは?”
と錯覚するくらいだ。
木洩れ陽の中、ひたすら歩き回った。

resort05.jpg

新しい家が畑の向こうに沢山建っているのが見える。
気軽に自然と触れ合える距離に住むのは憧れだ・・・。

resort01.jpg resort07.jpg resort10.jpg resort13.jpg
(↑小さい写真はクリックすると大きくなります。)

昔ながらの農家も結構あって、ここはきっと相模原の農業を支えている
地域なのだろう。
農家の広い庭に”野菜直売所”も、ちらほらと見ることができる。
近所の人たちは新鮮な野菜が安く買えていいなぁ〜。

resort09.jpg

昔ながらのいがぐり坊主頭の子供を発見。
なつかし〜〜〜!(*^-^)
おいらの子供の頃は、坊主頭の子供も結構いたのだが、最近は
めっきり見かけなくなってしまった。
ここ大沼地区は遊ぶところが沢山あるので、子供の情操教育には良いかも。

resort08.jpg

ここが相模原市内であることの証拠写真だ(笑)
一般の人が農地の一部を借りて、野菜を栽培することができるようだ。
最近はガーデニングのレベルを超えて、本格的に農業を始めたいという
人が増えてきているようだ。

resort06.jpg

写真だけ見ていると、ここが相模原市内であると気付く人は少ないだろう。
どことなく懐かしい風景が、かなりの範囲にわたって広がっている。

resort11.jpg

森のT字路だ。
森の中に舗装されている道路が通っている。
ここをサイクリングしたら絶対楽しいぞ!!

resort14.jpg

この先もずっと森が続いているのだが、今回はここで断念。
次回はちゃんと準備をして来たいと思う。


肉体的、精神的に疲れてしまった時は気軽に行ける
「相模原高原リゾート」に是非どうぞ!!
(↑勝手に名づけてしまった。大沼地区のみなさんすみません!!)

た〜っぷりと森林浴できるので、きっとリフレッシュできますよ。


posted by おいら(妄想の貴公子) at 00:31| 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。