2006年07月31日

「さがみはら教育応援団」を応援したい!!

唐突だが、この夏、おいらは「さがみはら教育応援団」を応援することにした。
つまり応援団の応援団だ(笑)

応援団甲子園若い熱い声援青春!!(←おいらのイメージ過程)

夏の甲子園で、自校の野球部員を応援する生徒たちのなんてさわやかなこと。
涙あり笑顔あり、飛び散る汗と溢れる熱気・・・。
あ〜!青春だなぁ〜。
何かを精一杯応援するってのは素敵だよね。(*^-^)

そんな応援団を応援するのって、もしかしたら格好良いんじゃない?

応援団を応援するおいらに女子たちから「キャー!おいらさん素敵ぃ〜!!」
な〜んて黄色い声援が飛び交う様子が目に浮かぶ・・・(∇ ̄〃)。o〇○ポワァーン♪
(・・・暑いからか妄想さえずれてるような気がしないでもない:汗)

ってな感じで、以前より応援団を応援したいと思っていた、おいらに
絶好の機会が訪れた。
前回の記事にも書いたが「NPO法人 さがみはら教育応援団」関係者の方と
お知り合いになれたのだ。

・・・と言うわけで(←いつも思うのだが、あまり理由になってない。)

2006年夏 
おいらは「さがみはら教育応援団」を応援します!!

(↑これキャッチフレーズ)

無理やりだなぁ。

itinichi_gakkou05.jpg

え〜応援するにあたり、
この前からちょくちょく名前が出てくる「さがみはら教育応援団」について
少し触れておこう。

「さがみはら教育応援団」は、子どもたちの教育を学校や行政だけに
任せるのでなく、大人として、社会人として、主体的に教育に関わり、
学校・行政・社会との新しい協働関係を創り出していこうとの思いから
2002年11月、7人の有志によって設立された。
その後2年間は任意の市民団体として活動し、2004年10月には
現在の「特定非営利活動法人 さがみはら教育応援団」となった。

itinichi_gakkou06.jpg

くわしくはHPで確認していただきたいのだが、「さがみはら教育応援団」は、
「地域の子どもたちは地域全体で育てよう」をモットーに、
行政や地域、学校と連携しつつ、子どもたちが健やかに幸せに育ち、
住民も活き活きと豊かに暮らせる環境づくりに貢献する
ことを目指して活動を行っているとのこと。

”じゃあ、実際にはどんなことをしているの?”と疑問に思う方も多い
かもしれない・・・。

「さがみはら教育応援団」の具体的な活動内容としては、
様々な職業や技能を持った大人を、学校や子ども会、公民館などの教育機関に
講師として、紹介・派遣する事業が挙げられる。

教育者と言う肩書きは無くとも、社会生活で得た、深く幅広い経験・知識を
持つ講師の講義を通して、子供たちに社会をよりリアルに感じてもらえれば
有意義なことだと思う。
講師達の生き方を学ぶことが、一番勉強になるのかもしれない・・・。

講師陣は80名を超え、20代から80代までの様々なジャンルで活躍中の
かっこいいオトナが所属しており、地域の子供のために講義を行う。
おいらもかっこいいオトナって言われたいっ(┯_┯)


上の画像は小さくて見にくいと思うが、市民講師派遣システムについての図説だ。

1)
依頼主(学校・PTA・公民館・子ども会など)から「さがみはら教育応援団」に依頼が入る。
        
2)
地域や活動分野、経験、本人の希望などにより、担当コーディネーターを決定。
        

3)
担当コーディネーターは依頼主と講師の間で調整しながら、依頼主の希望に
沿った講師を派遣する。

        
4)
講師は依頼に沿った活動を行う。
        
5)
講座終了後、コーディネーターは依頼主、生徒達からの感想・評価を
講師にフィードバックする。


こうしてみるとコーディネーターの仕事って重要だよな・・・。
成功も失敗もコーディネーターの腕次第というところか。


Ysan02.jpg

最後に「さがみはら教育応援団」
理事を務める吉川和代さんを紹介しておこう。

吉川さんは設立代表者でもあるのだが、
コーディネーターでもあり、
市民講師でもある。
こんなにも精力的な活動の原動力は、
どこから生み出されるのだろう?





おいらにはとても真似できそうもないので、
せめて応援だけでも頑張ります〜!!



posted by おいら(妄想の貴公子) at 19:58| ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

夏休み みんなの一日大学 受講生二次募集受付中!!

itinichi_gakkouTitle01.jpg現在さがみはら教育応援団では
「夏休み みんなの一日大学」
受講生を募集中です。

8月5日(土)が締め切りとなっておりますので、
みなさま奮ってご応募ください!!


詳しくはこちらからどうぞ!

posted by おいら(妄想の貴公子) at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

「夏休み みんなの一日大学」でシゲンジャーと握手!!

image1.gif
c_syuugou2.gif
copyright(C)2005-2006 分別戦隊シゲンジャー
Fairytale/横浜市立 南瀬谷中学校PTA All Rights Reserved


前回に引き続き、今回も「夏休み みんなの一日大学」のネタなのだが、
今回は・・・
ジャ〜ン!!!
分別戦隊シゲンジャーと会ってきましたよっ!!
・・・・
(と言っても正確にはシゲンジャーの生みの親とお会いしたんですが。)

8月20日(日)の講座の中に、3〜4時間目の連続講座
”地球をキレイにするための実践講座 シゲンジャー登場!☆”とある。
「シゲンジャー?何それ?戦隊モノか????」
おいらは幼少時に戦隊モノの走りである、あの名作「ゴレンジャー」
リアルタイムにTVで見ていたので、戦隊モノについてはちょっとばかり
うるさいのだ(笑)

分別戦隊シゲンジャーに絶対に会いたい!!

という訳で、今回は良い子のフリをしてシゲンジャーに会わせてくれるように、
関係者に無理やり頼み込んだところ・・・。
シゲンジャーの生みの親である山家昌則さんとお会いすることができた!

良い子と会うはずだったのに、待ち合わせ場所に現れたのが
おいらだったため、山家さんがどん引きしていたのは言うまでもない(苦笑)

sigenger01.jpg
(ポーズをとっているのがシゲンジャーの生みの親、山家さん)

とまあ・・・冗談はこのくらいにして、
実際は先日7月20日の夜に「夏休み みんなの一日大学」ボランティアスタッフ
ミーティングが行われたのだが、そこに山家さんもいらっしゃるとの事で
取材に出かけた。

meeting01n.jpg watanabesan01.jpg

「夏休み みんなの一日大学」実行委員会は、さがみはら教育応援団
メンバーが主体で構成されている。

実行委員長であり、教育応援団コーディネーターでもある渡邉亜里子さん
(上部写真右)からこんなコメントを頂いた。

「今回の一日大学は初めてのことでもあり、短期決戦で準備を進める
難しさを痛感しています。
しかし大学や企業、行政ほか多くの皆さんからの応援が得られて、
なんとか思い描いたように進行しつつあるようです。」


今年の春先に発足したばかりの実行委員会
本番へ向けて最後の一踏ん張りというところだろうか。


ミーティング会場には意外なほどに大勢のスタッフがいてびっくり・・・。
ほとんどが女性で嬉しいやら恥ずかしいやら・・・(*'-'*)
当日の準備のために、受講生、講座、講師、大学・企業担当、広報ほかの
担当セクション別に分かれて打ち合わせを行っている。
スタッフの年齢層は高校生から大学生、社会人と幅広い。

ミーティングの中で山家さんから、ボランティアスタッフに向けて
シゲンジャーについてと、当日の講座の進め方に関しての説明があった。

sigenger02.jpg

もしかしたらシゲンジャーという言葉から想像できるかもしれないが、
この講座は学校や家庭、職場で即実践できるゴミの分別、リサイクルの
仕組みや大切さを、子供も大人も楽しく簡単に学べるように、ゲームなどを
交えて行われると言う。

全34講座の中でも、3〜4時間目の連続講座という事もあり、スタッフが
準備しなくてはいけないことも沢山あるのだ。

sigenger04.jpg

現在、山家さんは横浜市立 南瀬谷中学校の技術員として勤務されているのだが、
実は元プロアニメーター。
このシゲンジャーのキャラを描いた奥様は元同僚で、やはりアニメーターだったらしい。
(なるほどキャラクターが本格的なのはそのせいか!!)

山家さんが言うには、20年くらい前までは、横浜市でもゴミを分別しておらず、
全て一緒に捨てていたらしい。
(え〜〜〜!今の横浜市からは想像できないよ。)

再利用できる資源をそのまま捨ててしまうのはもったいない!!
地球環境に対する理解が深まっていくと共に、徐々に分別と言う意識が
生まれてきた。
今では分別する種類も細分化され、リサイクル効率は高まったものの
反面、間違えずにゴミを分けることが難しくなってしまった感がある・・・。

”ゴミの分別をもっと簡単に、もっと楽しくできないだろうか?”

そこで、この分別戦隊シゲンジャーのキャラクターが生まれ、今では
各メディアなどでも取り上げられるほどに活動成果を上げているらしい。
シゲンジャーのキャラそれぞれに担当のゴミ種類があるので、子供たちでも
楽しく遊びながら分別できるのが成功の秘訣なのだろう。



自分達が普通に生活していることが、実は地球の環境悪化に繋がっている。
何気なく捨てているゴミも元々は資源であり生産物だった。
物を生産するためには、木々を切り倒したり、地面から鉱物を
掘り起こしたりと、地球の資源を採掘しなくてはならない。
そんな資源採掘が自然環境を破壊していく・・・。
だからこそ、資源として再利用できるゴミはきちんと回収して、
1人1人が地球の環境を守っていこう!


これが山家さんが強くアピールしていた点だ。


今回の講座を最も受講して欲しいのは、子供、学生、子供の親たち。
地球環境悪化の影響を一番受けるこれからの若い世代には、
特にリサイクル活動の重要性をアピールしていきたいとのこと。

当日の講座では色々と面白い話を聞く事ができるし、スカベンジという
ゲーム性のある清掃活動の実施が予定されている。
優秀な成績をおさめたチームには、賞品も用意されているらしいので、
是非みなさんも積極的に参加して欲しい。




地球が危ない・・・・

ste3.gif
地球を救うために立ち上がった6人の戦士

パンピーレッド
プラホワイト
ペットイエロー
ペーパーピンク
カンビンブルー
メタルオレンジ


そして今回の講座で初登場するスカベンジブラック

8月20日が楽しみだ。


さあっ!君も「夏休み みんなの一日大学」シゲンジャーと握手!!


シゲンジャーのHPはこちら。


posted by おいら(妄想の貴公子) at 10:48| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | PEOPLE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

夏休み みんなの一日大学 受講生募集中です!

子供と大人が一緒に楽しめる「夏休み みんなの一日大学」が、この8月
相模大野相模女子大キャンパスで開催されると言う情報を入手した!!

ichinich_daigaku_poster.jpg

ちょっと内容を確認してみたのだが、予想以上に面白そうな講座が
沢山あるようなので、このブログで紹介してみようと思う。

おいらが入手したこのチラシには講座決定!!受講生募集開始とある。

いったいどんな講座が開かれるのだろう?

「夏休み みんなの一日大学」を主催している団体
特定非営利活動法人(いわゆるNPO法人)さがみはら教育応援団
関係者の方から、講座内容と時間割を教えて頂いた。

”市民のみなさんからの声を元に、一方的に講座内容を押し付けるのではなく、
みんなが本当に興味を持ってこれが知りたかった!これは面白い!! と
感じてもらえるような講座を開催する”
とのこと・・・。

早速、講座のタイトルと、おおよその内容を確認してみると・・・。

うぉ〜!確かに面白そうな講座が沢山ある。
講座の種類が多岐に渡り、内容も盛りだくさんなので、何かしら興味を惹かれる
講座が見つかるのではないだろうか?

さがみはら教育応援団のHPから時間割が確認できる。→講座スケジュールはこちら


おいらが個人的に興味があるのは、

1時限目だったら

・相模女子大キャンパス歴史たんけん隊募集!
・植物のありのままのすがたを描く-ボタニカルアートの世界-
・元スカイライン開発者が語る「自動車開発の話」
・私のまちがロケ地になる あなたもエキストラになれる


2時限目なら

・相模の大凧 今昔の人々の知恵と技と輪に学ぼう
・20代社長と「自分の会社を作っちゃおうぜ!」
・トヨタ式ものづくりと”カイゼン”


3時限目では

・知って得する”悪徳商法”撃退法!
・なぜ世界にはたくさんの言葉があるの?そのわけ教えま〜す!
・飛行機や昆虫はどうして飛べるの?紙ヒコーキに挑戦!


4時限目

・三味線で証明! 日本人と西欧人の左脳のちがい
・世にも楽しい数学入門!この絵、ひとふでで描ける?
・ホタルの一生と河川の環境”ゆでガエル”の世界


あたりの講座になるだろうか・・・。

詳しい内容までは知らないので、タイトルだけで興味を惹かれたものを
単純にピックアップしたのだが、講座内容の詳細がわかれば
この程度ではすまないだろう(笑)

タイトルから推測しただけでも、これだけ受けたい講座があるのだが、
同時限には一つの講座しか受けることができないので、一日で受けられる
講座数は最大で4つ

3、4時限の連続講座を受ける場合は最大で3つになるわけだ。

正直ちょっと残念なのは、これだけ充実した内容の講座を8月20日(日)
たった一日でしか受講できない点。
あと数日でも予備日があれば、全部受講してみたいくらいの内容なのだから・・・。

でも、こんなに内容の濃い講座を受けられるのだから、相模原市民は
恵まれているよなぁ〜。

受講生を募集中とのことなので、
申込要項の詳細が記載されているHPのリンクを下部に張っておいた。
そこで詳細を確認して欲しい!
(最寄りの公民館などでも詳しい情報が入手できる。)

そうそう!忘れてしまわないうちに言っておこう!

この「夏休み みんなの一日大学」は毎年実施されるらしい。
受講する生徒だけでなく、自分が講座をもちたいと思う講師
募集している。
”おいらも来年は講師に・・・”と言いたいところなのだが、
とりあえずはボランティアとして応援していければと考えている。(笑)

微力ながらも告知活動でお手伝いできればと思うので、
「夏休み みんなの一日大学」については
今後2〜3回連続でこのブログで様々な情報をお知らせする予定だ。

次回は一部の講師の人からも、話を聞いてお知らせしたいと思う。



たった一日限りのこのチャンス 「夏休み みんなの一日大学」
楽しく学んでみてはいかがだろうか!


<夏休み みんなの一日大学 受講申込要項>


1.日 時 : 2006年8月20日 午前8時40分〜午後4時20分
         (受付は講座開始15分前までにお済ませください)

2.会 場 : 相模女子大学 11号館 (相模原市文京2−1−1)
         小田急線相模大野駅徒歩10分

3.講 座 : 全34講座  一人最大4講座まで受講することができます。
         希望者多数の場合は抽選になります。

4.対 象 : 小学生以上年齢制限なし
         小学1〜3年生は、保護者も一緒に受講してください。

5.受講料 : 1講座につき500円(学童・学生は無料)
         実費の必要な講座もあります。(ただし最大1000円以内)


6.申込方法  【往復はがき】でお申込ください。
  *記入事項等は「夏休み みんなの一日大学 受講申込要項」
でご確認下さい。



問合せ先

NPO法人 さがみはら教育応援団

さがみはら教育応援団HPhttp://members2.jcom.home.ne.jp/sess/index1.html

電話&FAX 042−853−8844
posted by おいら(妄想の貴公子) at 12:29| 🌁| Comment(18) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

はいっ!!足元に注目!!(相模大野マンホール考)

huta02.jpg

みなさんが普段何気なく歩いている歩道上や、車を走らせている車道上に、
点々と存在するマンホールの蓋。
そこに意外なほど素敵なデザインが施されていることをご存知だろうか?

「マンホールの蓋なんて日本全国どこでも同じようなもんだろう。」
特に目立つものでもないので、ついついそう思いがちなのだが、最近では
各地方自治体がそれぞれに趣向を凝らしてデザインした、独自のマンホール蓋が
存在する。

世の中には物好きな人がいて、そういった各地のマンホール(いわゆるご当地マンホール)の
写真を撮って、コレクションしているマンホール マニアがかなりの人数いる。
試しに”マンホールの蓋”でネット検索してみると、意外なほど検索数ヒットすることに
驚かされるはずだ。

路上の芸術-マンホールの考察、その蓋の鑑賞などというマンホール マニア本も
出版されているくらいだ。
どうやらマンホール蓋マニアの数はどんどん増加している模様だ(笑)

・・・という訳で(←どういう訳だ?)

ここ相模大野にも秀逸なデザイン マンホール蓋があるので、是非このブログで
取り上げてみたいと思う。

huta03.jpg

あじさいをモチーフにしたマンホール。
さがみはら あめと書かれている。
あめと書かれているものは雨水菅のマンホールなのだ。

huta05.jpg

相模原市の木であるけやきをモチーフにしたマンホール。
さがみはら おすいと書かれている。
おすいと書かれているものは汚水菅のマンホールなのだ。

ちなみに市によっては、雨水菅河川課汚水菅下水道課などと
管理担当部署が異なっている場合もある。
相模原市の場合はどうなのだろう?
ちょっと相模原市のHPを見てみたが、残念ながら分からなかった。

huta01.jpg

水色に塗られた仕切り弁のマンホール。
マークが付いているので水道局の管轄なのだろう。

huta06.jpg

上の仕切り弁との違いは排水弁となっている文字部分だけだ。

huta07.jpg

黄色く塗られているのが消火栓のマンホールだ。

huta04.jpg

これも仕切り弁のマンホールだが、車道上にあるためか着色されていない。

相模原市水道局のマンホールデザインは基本的に統一で、文字部分と色が
異なるだけのようだ。
各地方自治体の水道局によってもデザイン マンホール蓋はそれぞれ異なるので、
お出かけの際には相模原市のものと、どう違うのかチェックしてみるのも
面白いだろう。

huta08.jpg

参考までに綾瀬市雨水菅用マンホールの蓋をアップする。
これは綾瀬市の木である山紅葉がモチーフだ。


マンホールの蓋って意外に面白い!
(そう思うのはおいらだけだったりして:苦笑)

相模原市内には、他にも今回取り上げられなかった様々なバリエーションの
マンホール蓋が存在しているらしいので、みなさんも是非チェックしてみてね!
もしかしたら小銭を拾うことが出来るかもしれないし・・・(*^-^)

posted by おいら(妄想の貴公子) at 17:50| 🌁| Comment(8) | TrackBack(1) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

chicaさんの個展に行ってきました!(三栄ハウス本社にて)

chi_koten01.jpg

事後報告になってしまうのだが、先日の7月1日(土)〜2日(日)
2日間にかけて、相模大野駅近くの三栄ハウス本社1階で
chicaさんの個展「earth love〜生まれて、出逢って、繋がって〜」が
開催されているとの事で覗きに行ってきた!!

chi_koten09.jpg

おいらが訪ねたのは初日の午後1時頃だったのだが、あいにくの天気で
雨がぽつぽつと降り始めていた・・・。
”この天気じゃお客さんの足が遠のいてしまうんじゃないかな?”などと
ちょっと心配していたのだが、実際に会場に足を踏み入れてみれば
ご覧の通り・・・”結構お客さんがいる〜(*^-^)!!”

chi_koten04.jpg

いつもは路上でしかheartちゃんを見たことが無かったので、
実際の原画をこれだけ沢山見たのははじめてだ。

chi_koten03.jpg

この日のchicaさんの服はearth loveのイメージにぴったりの緑。
三栄ハウスさん1階スペースはナチュラルな木材が多用されているので、
色合いがしっくりと馴染んでいた。

chi_koten02.jpg chi_koten07.jpg chi_koten10.jpg chi_koten16.jpg

2日間のみの個展だったので、行きたくても行けなかった方も多いと思う。
画像から雰囲気だけでも感じ取ってもらえれば良いのだけれど・・・。

chi_koten05.jpg

最近chicaさんは、heartちゃんと写真のコラボレーション ポストカードを
発売しているのだが、これがとっても良い感じなのだ。
画像が小さくて確認できないと思うが、このポストカードに使われている紙が、
ちょっと銀ラメが混じった素材のものなので、独特のキラキラ感があって
持っているとハッピーな気分になれると言うか・・・。

chi_koten08.jpg

個展の様子をデジカメで撮っているchicaさんの横顔。
chicaさんの撮る写真凄く気に入りました〜!!

chi_koten11.jpg chi_koten12.jpg chi_koten13.jpg chi_koten14.jpg

”結構広いスペースを埋めることができるのかな?”といつもの路上ライブの感覚で
おせっかいな心配をしていたが、全くの杞憂に終わったようだ!
いつの間にこんなに作品やグッズが増えてたんだろ〜(笑)

chi_koten06.jpg

Tシャツもかわいい!
でも大人のメンズサイズが無かったのがちょっと残念かも・・・(笑)
男だって着てみたいぞ〜!!

chi_koten15.jpg

筆を持っているchicaさんの表情はいつも楽しげだ。(*´ー`)


今回はじめて個展にお邪魔して思ったこと・・・。

今まで路上で見ていたポストカードのheartちゃんも良いけど、
大きい原画はやっぱり迫力が違う!
印刷では表現できない色や筆のタッチなんかも観察することができるので、
ファンの人は是非個展を訪れて原画を確認してみたら良いんじゃないかと思った。

chicaさんの活動状況は、このブログのリンク先HPから確認することが出来る。
すぐ見てみたいという方はこちらからどうぞ!



posted by おいら(妄想の貴公子) at 22:39| ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。