2007年05月31日

主役ではないけれど。

相模大野銀座をぶらつきながら、カメラのファインダー越しにあちこち眺めていると、
商店街の建物の向こう、小高い場所にある小田急線の線路上に人影が動くのが見えた。

まさかっ!!

いやな予感が走った!
最近多いからなぁ・・・。


慌てて線路のほうに向かう。
もしかしたら何かしてあげられるかもっ!!

まてっ!!早まるなっ!!!

悲壮な決意で走っていくと・・・。

IMG_1115n2_web.jpg

なあんだ・・・(´▽`) ホッ

ちょうど小田急線の線路メンテナンス中だった(笑)
電車の運行の合間に、線路のメンテナンスを行う整備員の方たちが安全に工事を行えるように、
走ってくる電車を監視する監視員さんの姿だったのだ。

電車がやってくると笛をならし、旗を振って合図をする。
それを確認すると、線路上の整備員の方々は作業を中断して退避。
命がかかっているから大変だ・・・。

いや〜早とちりしてしまった・・・お恥ずかしい(〃∇〃) てれっ☆
(↑おまえが早まってどうする!)

でも こうして日々安全のために働く監視員整備員の方々は、決して主役として
脚光を浴びることが無いけれど、無くてはならない名脇役のようなものなんだよなぁ〜。
(↑早とちりした自分が恥ずかしくて、ちょっと良いセリフを言ってみようと思ったが逆効果か?)

IMG_1129WEB.jpg

線路は人が立ち入らないように、金網のフェンスで囲まれているのだが、その脇に咲いていた花だ。
(これ何の花なんだろ〜?)

これもまた主役級の花ではないのだろうが、可憐に咲いて、通る人々の目を十分に楽しませている。

やっぱり世の中 主役だけじゃあ、まわっていかないよねっ!!
(↑”主役になれないやつの悲哀がこもっている”とか言わないように(`´メ






posted by おいら(妄想の貴公子) at 09:32| ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 或る日の相模大野(路上観察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。