2007年06月28日

大野銀座のキャラたちへ・・・。

以前、女子大通りのお店の看板に描かれているキャラクターをピックアップしたことがあるのだが、
「大野銀座のキャラは紹介しないの?」との声が殺到した(←そんな事実はない!)ので、
満を持して紹介させてもらうことにする。
と言う訳で、今回はキャラクター紹介記事 第2弾だ!

ちなみに「女子大通りのキャラたちへ・・・。」記事はこちらからどうぞ!

Ohno_Ginza_Chara_T9278.jpg

やっぱりキャラクターと言えば、企業が自社のイメージアップをはかり、
消費者により一層親しみをもってもらうために創り出されたものがほとんどで、
実際にみなさんが目にする機会が最も多いのが、このタイプではなかろうか?

たとえばこのサトちゃん
サトウ製薬の有名なキャラクターだ。
不二家ペコちゃんクラスの大物キャラで、野球で言えば読売ジャイアンツ
一軍レギュラークラスあたりだろうか。

前にも書いているが、ここまで知名度があるキャラになれるのは
ほんの一握りで、陽の目を見ないキャラもたくさんいる。

女子大通りにはそんなキャラたちが大勢いたが、ここ相模大野銀座商店街周辺にも
結構見つけることが出来た。

Ohno_Ginza_Chara_Y9340.jpg

このふくろう美和ロックキャラクター
どうやら名前はついていないようで、ふくろうマークとだけある。
何か気の利いた名前をつけてやろうと頑張ってみたが・・・。
ちょっと難しそうだ・・・。
かぎふくろう”とか”美和郎”とか、そんなのしか思い浮かばないよ〜(=;ェ;=) シクシク

Ohno_Ginza_Chara_T9275.jpg

大野銀座と言えばおなじみのキャラクター DINO(ディノ)。

相模大野銀座商店街のHPにくわしいことが載っていた。
そこに書かれたDINOの紹介を読むと、

「ボクは1億年前の寒い氷河期に宇宙へ飛び立ったんだけど、現代の地球の自然破壊が進行しちゃって
とっても悲しくなっちゃったんだ。
それで相棒のパタパタと一緒に故郷の地球に戻って、大切な地球を守るために活躍しているのさ!」

・・・とある。

ここではたと気づいたのがパタパタの存在。
DINOのしっぽに乗っているちっこい恐竜?がきっとパタパタだ。
DINOだけじゃなく、パタパタもよろしくね!!
(いや〜実は全くパタパタの存在に気づいていなかった(^^;;)

 Ohno_Ginza_Chara_Y9345.jpg Ohno_Ginza_Chara_Y9342.jpg

上写真左側は産婦人科の慈誠会病院ハートキャラだ。
大きいのはお母さん、小さいのは赤ちゃんなのだろうか?
相模大野ハートキャラと言えばchicaさんのheartちゃんが有名だが、こちらもなかなかGOOD!!
やっぱりハート モチーフのキャラは、親しみを感じて良いなぁ!

上写真右側はクリーニング屋さんの、アイロンをあてているおじさんのタイル絵。
おじさんのひげの辺りがはげちゃってるが、なんかほのぼのとしていて、可愛い感じだ。

Ohno_Ginza_Chara_T9353.jpg

タイレストランのバーンチャーンキャラクター
つぶらな瞳が可愛い。
名前があるのかわからないが、今度お店に行って尋ねてみたいと思っている。

 Ohno_Ginza_Chara_Y9286.jpg Ohno_Ginza_Chara_T9353.jpg

上写真左側は日通ペリカン便キャラクター ダッシュ君だ。
意外と名前は知らない方が多いのではないだろうか。

上写真右側はお好み焼きまるうの看板。
テコ(へら)のニコニコした笑顔に惹き付けられるなぁ〜!
おいしそぉ〜っ!!

Ohno_Ginza_Chara_T9287.jpg

どことなくサザエさんちっくな奥さんキャラ
と〜〜〜ってもユル〜〜イ、脱力系キャラだ。
手に持ってるのは鍋だろうか?
前髪がチャーリーブラウンみたいだ(笑)

Ohno_Ginza_Chara_T9285.jpg Ohno_Ginza_Chara_T9284.jpg

上写真左側は日本ロックセキュリティ協同組合キャラだ。
残念ながらキャラクターに名前はついていないようだ。

上写真右側は色違いののぼりと先ほど紹介した美和ロックふくろう

Ohno_Ginza_Chara_T9273.jpg Ohno_Ginza_Chara_T9282.jpg

上写真左側は、ミュージックハウス ピエロピエロキャラクター
そう言えばずっとサーカス見に行っていないなぁ・・・。
最近目にするピエロといえば、マクドナルドドナルドくらいか(笑)
でもピエロって最高に不思議なキャラクターだよね。
どことなく悲しげで・・・。
誰だっ!!おいらさん自身がピエロじゃんって言ったのはっ!!)
(↑被害妄想だろ)

上写真右側は整骨院ひまわりモチーフのキャラクター
リボンをつけているから、きっと女の子なのだろう・・・。

Ohno_Ginza_Chara_T9277.jpg

ここにもふくろうが・・・。
郵便受けだと思うのだが、なかなか洒落ている。
どこのお店のものだか判るかな?

Ohno_Ginza_Chara_Y9276.jpg

窓際に飾ってあったトトロめいのフィギュア。
あくび(ハクション大魔王)の壺。
今回のキャラ特集の趣旨とはちょっと異なるが、ふと目に入って和んだのでパチリ!!

Ohno_Ginza_Chara_T9272.jpg

美容室おともだちお姉さまキャラ
う〜ん・・・おともだちになりたい(笑)

眉毛が無いのがちょっと気になるが・・・(^^;;


こんな風に何気なく通っている道沿いの看板の中で、密かに息づいている
名も知れぬキャラクターたちを探して歩くのは、結構楽しかったりする。
自分のお気に入りのキャラに、勝手に名前を付けてみたりするのもまた、面白かったりするのだ。


相模大野にはまだまだ紹介しきれていないキャラも、まだまだあることだろう。
次はどこに探しに行こうかなぁ〜。





posted by おいら(妄想の貴公子) at 00:40| ☔| Comment(13) | TrackBack(2) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

和!和!和! 水車園

「美しい国、日本。」
い〜いフレーズじゃあありませんか!
目指している方向性は判るし、覚えやすいし、共感も得やすい・・・
初めて耳にした時は、
どこぞの大手旅行会社のキャッチフレーズなんだろうな・・・”と
思っていたのだが、安部内閣スローガンだったのね・・・。
年金に関するドタバタや、閣僚の不正、日々耳にする陰惨な事件なんかのお陰で
「美しい国、日本だぁ?どこがじゃぁ???」っていうように、
一種このスローガンに対して、小ばかにするような反応の方が、
多く聴かれる今日この頃なのが、ちと残念だ。
本来はと〜っても良いフレーズだと思うんだけどねぇ。

suisha_en_012.jpg

「美しい国、日本。」日本と言えば。やっぱり和の心を大切にしなきゃね!
というわけで、今回は相模大野を少しだけ飛び出して、
小田急相模原駅近くにある和風料理店 「水車園」でランチをGET・・・
もといお昼ご飯をいただきに(←和風に言わなきゃね)参ったで候・・・。
(あ〜!使い慣れない言葉、無理に使おうとしてるから、変な日本語に(^^;;) )

普段なら敷居が高くて、絶対に入れないであろうこのお店・・・。
ここのお昼のお弁当を、ご馳走してもらえることになったのだぁ(感涙)
(あ〜!良かった!このブログ書いててヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ バンザーイ♪)

神奈川県 お箸マスター選手権ベスト17に選ばれた実績がある、おいらが
普段見せることの無いその妙技を披露する良い機会がやってきたぞ!
(↑そんな選手権は無〜い!ヽ(´o`; オイオイ)

小田急相模原駅北口を降りて、行幸道路に沿って厚木方面へテクテク8分ほど歩くと、
その「水車園」がある。
途中の道沿いには目立つ看板が設置され、近づくにつれ、いやがおうにも期待感が高まる。

suisha_en_025.jpg

この山小屋風の三角屋根が「水車園」の建物だ。

お店の前には、名前のとおり、木造の大きな水車がゆっくり回っている。

suisha_en_024.jpg

建物の中に入ると開運 なんでもお宝鑑定団にでもでてきそうな旧家風のつくり。
黒光りする柱と床材の重厚感に圧倒される。
おごってもらえることが分かっているのでなければ、入り口の扉を開けた瞬間に
「間違えました〜!」とUターンしていただろうことは間違いない。
普段 魚肉ソーセージをメインディッシュにしているおいらには「水車園」
かもし出す高級感はあまりにもまぶしすぎるのだ☆

suisha_en_022.jpg

建物自体は1964年の創業時に建てられたと言うことで、それほど古いものではないのだが、
ほぼ同じ時代を経てきたおいらと比べると、さすがに高級エッセンスが染み込んでいるせいか、
風格が違う(涙)

この時は総勢5人で出かけたのだが、いかにも「ここ良く来るんだよね」的な
余裕しゃくしゃくの他メンバーの後に黙ってついていくことにした。
入り口で靴をぬぎ、キョロ キョロしながら店員さん(仲居さんって言うの?)
案内されるままついていく。
途中で和庭園中庭に面した廊下を通り、通されたのは1階の個室。
この個室からも、さきほど来る途中で見かけたのとは違う中庭を眺めることができる。

suisha_en_021.jpg

黒塗りの大きなテーブルの下は掘りごたつになっていて、心配していた
正座を強制されることも無く、ゆったりと脚を伸ばすことが出来た。
水禽の音が中庭のほうから聞こえてくる。
料理が運ばれてくるまでの間、中庭をぼーっと眺めていると、まるで
旅行にでも来たような雰囲気だ。

部屋の中にある調度品も雰囲気のあるものばかりだ。

suisha_en_015.jpg suisha_en_017.jpg suisha_en_016.jpg suisha_en_020.jpg

待ちわびていた料理が運ばれてくる。
漆塗りの重箱に入った御昼食弁当だ!

suisha_en_001.jpg

下手をすると二度とお目にかかることもない、豪勢なお弁当なので、
すぐにでもかぶりつきたいのをぐっとこらえて写真をパチリ。
早く食べたいあせりで手が震えて、ピントが合わない゜゜(´O`)°゜

suisha_en_003.jpg

我慢できずに適当なところでカメラを置いて、食べ始める。

んま〜〜〜い!

suisha_en_005.jpg suisha_en_006.jpg

suisha_en_007.jpg suisha_en_008.jpg

お刺身に、煮物に、揚げ物に、お吸い物に・・・。
バランスよく色々と楽しむことが出来た。
あっという間に完食!

suisha_en_011.jpg

あ〜おいしかった!

こんな豪華なお昼を食べたのは本当に久しぶり。
ご馳走様でした!!


suisha_en_023.jpg

後から知ったのだが、実はこの「水車園」しゃぶしゃぶが有名で、その他にも
和牛450gビッグステーキは人気の逸品だということ。
なんと!故ダイアナ妃トンガの王様ルクセンブルグの国王が来日の際には
食事の使命も受け、各界の著名人も来店するという有名店なんだそうだ。
今回は行かなかったが2階にはオーナーがコレクションした備前長船(びぜんおさふね)
名刀が数多く展示されているらしいので、機会があれば見てみたいと
思っている・・・。

という訳で、誰かしゃぶしゃぶ和牛ビッグステーキをおごってくれる人を
現在 大募集中だ(笑)


水車園

住所:相模原市相模台2−22−9
電話:042−744−1430
営業時間 11:00〜14:30 17:00〜21:30 火曜日定休


参考HP:http://gourmet.yahoo.co.jp/0001501430/P055655/
posted by おいら(妄想の貴公子) at 00:00| ☔| Comment(13) | TrackBack(0) | 相模原広域版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

梅雨がやってきた

相模大野のホームに立っていると、入ってきた小田急線の車両に運ばれて、
この季節独特の湿った空気が周囲に流れ込んできた・・・。

ああ・・・梅雨だなあ・・・。

_MG_9224_web.jpg

今年の梅雨は例年より元気が無いようで、関東入梅は平均より1週間ほど遅く、
梅雨明けは早くなりそうだとラジオで耳にした。

今日のこの時間にはまだ雨が降り始めていないが、どんよりと曇った空の色を見ると
そろそろ雨の雫が落ちてきそうな気配だ。

カメラを手に薄暗いホームを歩きながら、いつしか あの人のことを想い出している自分に気づく・・・。

そう、まるで白いマーガレットの花のようなあの人のことを・・・。

あの6月の運命的な出逢いから、どれくらい時が経ったのだろう。
まるで昨日あったことのように、今も鮮やかな印象を胸に残している。

IMG_0717DPP_web.jpg
(↑これってマーガレットですよねぇ・・・自信なさげ)

な〜んて、いつになく詩的・文学的な気分にさせちゃう梅雨がやって来るぞ〜!
(いつもと雰囲気が違うし、めちゃくちゃ前置きが長いので驚かれた方も多いかも(笑))

実は6月のそんな素敵な想い出なんて、これっぽっちも持っていないおいらなのだ (=`^´=)エッヘン
ちょっと言ってみたかっただけなんだよ〜!
(↑寂しいなぁ (*ノ-;*)

どうしても梅雨の時期はうっとおしい感じがしてしまうんだけど、
そろそろ前向きに梅雨を楽しむ方法を考えなきゃねぇ!

雨に濡れた花々を愛でながら散歩するなんていうのも良いかも・・・。

皆さんの梅雨の楽しみ方があったら、是非是非教えて欲しいなぁ!

_MG_9221DPP_web.jpg

話は変わるが、相模大野駅改札口付近にこんなポスターが貼ってあるのを見つけた。

若松小学校の6年3組の子供たちが、放置自転車に心を痛め、作成したもののようだ。
(相模大野駅前の放置自転車についての過去記事はこちら

なかなか良く出来ているなぁ〜。
言葉がストレートに心に伝わってくるよ Y(>_<、)Y


でも行きかう人々は、そんなポスターの存在に気がついていないように見える・・・。

もったいないので、今回ここでアップしちゃうことにした!

それぞれの立場の人たちが気持ちよく過ごせる街になりますよ〜に!!
posted by おいら(妄想の貴公子) at 12:05| ☁| Comment(15) | TrackBack(0) | 或る日の相模大野(路上観察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

劇的大改造!!ビフォーアフターか?(コリドーの放置自転車)

いったい、どんな(たくみ)の仕業だろう?
TVなら「放置自転車撤去のマエストロ」「コリドーの魔術師」なんていうキャッチコピーが
つけられるんだろうけど(笑)


自転車駐輪禁止前の写真
BeforeAfter01_web.jpg

コリドー商店街には、とにかくぎっしりと自転車が置かれていた。
ある意味、相模大野の代表的な景観になりつつあった・・・・。

それがある日を境に・・・。

「なんということでしょう!」

人が歩けないほどに放置自転車がぎっしり並んでいた、同じコリドー通りとは思えません。

ピーク時には自分が置いた自転車の後からも、次々と別の自転車が置かれてしまい、
用を済ませて帰ろうとすると、他の自転車を掻き分けるようにして引っ張り出さなくてはならないという
重労働を強いられた、あの沢山の放置自転車が綺麗さっぱりと片付けられているではありませんか!

放置自転車の陰で陽の目を見ることも無く、誰からも省みられることも無かった
凝った造作の石畳も、日差しの下で本来の美しい表情を取り戻し、通る人々の目を楽しませています。

(↑劇的大改造ビフォーアフター風のナレーションで読んでね!)


自転車駐輪禁止後の写真
BeforeAfter02_web.jpg


ようやく陽の目を見た石畳
BeforeAfter04_web.jpg

撤去&駐輪禁止施策が行われてから、すでに1ヶ月以上が経過しているが
ここにあった自転車たちはいったいどこに行ってしまったのだろう?
現在相模大野周辺に用意されている駐輪場では絶対数が不足していると思われ、
コリドー以外の場所に移ったであろうことは容易に想像できる。
どこに行ったのか大体予想はついている。
まあ、あえて指摘はしないが・・・。


ものものしい駐輪禁止の告知
BeforeAfter10y_web.jpg

まるで事件があったときに警察が張り巡らす立ち入り禁止のテープのようだ。
仕方が無いこととは言え、駅前の景観としてはいかがなものだろうか?

BeforeAfter03_web.jpg  BeforeAfter08y_web.jpg  BeforeAfter09y_web.jpg

BeforeAfter08_web.jpg

ところで、今回の放置自転車の締め出しについては、それぞれの立場によって
色々な考え方があると思うのだが、とある相模大野通の人から、それぞれの立場から
一部の意見をまとめた資料をいただいた。
それによると・・・。

通勤で自転車を置く人
放置と言われても他に置き場所が無い。
便利な場所に置き場所が無い。
駐輪場がすくない。

通学で自転車を置く人
放置と言われても他に置き場所が無い。
駐輪場が既にいっぱいで入れない。
             
駅前で働く勤め人
仕事の邪魔だった。

駅前の商業関係の人
お買い物に来てくださるお客様には気軽にとめていただきたいという気持ちもある。

駅前に買い物に来た人
停める場所が無いなんておかしい。

放置自転車を取り締まる人
A)シルバーセンターのおじさんたち
  一人を注意しているうちに別の人が停めてしまういたちごっこ。
  揉め事も多くて困っていた。
B)警備会社の担当員
  このくらい厳重にしないと、通常のやり方では効果が薄い。

消防官
以前は救急車両や消防車両が通れない心配があった。

散歩に来た高齢者
相模大野の顔にあたるコリドー商店街が汚く見えた。
自分も自転車は使用したいのだが・・・。

子供連れの主婦
バギーなどでは通りにくかった。

納品に来た地域外の事業者
仕事の邪魔になっていた。

まあ、このように立場によって考え方や意見はまちまちだが、おいら個人としては、
「とにかく駐輪場を早く整備して欲しい」と思う。


新しく設置された駐輪場(Before)
BeforeAfter07b_web.jpg


新しく設置された駐輪場(After)
BeforeAfter07a_web.jpg

まだまだ必要数に対してのキャパが少ないのだが、こうして駐輪場
整備していけば、やがて放置自転車も減ってくるだろう。

西口の再開発地域には3,000台以上駐輪場を確保する計画もあると聞いている。
安く利用できて、便利な場所にある駐輪場が必要数確保できるのが理想なのだが、
口で言うのは簡単だが、実際には難しいことなんだろう。



自転車が無くなったコリドー通りはちょっと寂しいくらいにスッキリ!

BeforeAfter06_web.jpg BeforeAfter05_web.jpg

相模大野駅周辺で自転車を利用しておらず、商売もしていない、おいらのような
完全な第三者があれこれ言う立場でも無いと思うので今回はここまで!
(↑何か格好良い意見を述べようとしたけど、内容が難しすぎて適当なところで逃げたんだろ〜!
って言わないで!(;>_<;)ビェェン)

posted by おいら(妄想の貴公子) at 15:29| ☁| Comment(21) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。