2007年08月29日

一味違うぞ!もんじぇ祭り!

「なんだこれ!すごい混んでるなぁ〜〜〜!」

「うわ〜すげ〜!」

 

もんじぇ祭り会場に行く途中の階段スペースで撮影していると、

会場に向かう人たちのあちこちから、そんな感嘆の声が漏れるのが耳に入ってきた。

みな一様に、一旦会場全体を見渡せる階段で立ち止まり絶句する・・・。


monje2007_538.jpg
 

時間は6時をまわっていたが、続々と会場へ向かう人の波は途切れることを
知らないようだ。

相模大野のどこにこんなに人がいたんだろうって言うくらいの大勢の人々が、
普段は
静かな中央公園の芝生の上をびっしりと覆って、すっかり緑が見えなくなって
しまっている。
昨年よりも来客数が増えているのは確実だ。


monje2007_617.jpg 


monje2007_512.jpg monje2007_486.jpg


大人も子供も性別も関係なく、音楽好きの人々が体を軽く左右に揺らしながら

素晴らしいJAZZの演奏に耳を傾けていたし、周囲をぐるりと囲むように出店している

相模大野を代表する飲食店の、自慢料理を楽しむ人々の嬉しそうな顔ときたら!
つられてこっちまで嬉しくなってしまう。
 
monje2007_623.jpg

演奏に聞き入る人、人、人の群れ・・・壮観だ・・・。

 

「これおいしそうだ!これ買おうよ!」

この料理、結構いけるなぁ〜!」

こっちのもうまいよ〜!」

あっ!久しぶり〜来てたんだぁ〜!」

元気だった〜?」

この曲しってる〜!」

好きなんだよね、いまやってる曲」

 

お互いの選んだ料理を見せびらかしながら、自身の食通ぶりを自慢する家族連れ。


仲良く料理を分け合いながら肩を寄せ合うカップル。


久しぶりに再開したのか、挨拶をかわす夏休み中の学生グループ。


孫の手を引きながら、綿菓子やカキ氷を注文するために列に並ぶお年寄り。


仕事帰りのスーツ姿で、ようやくネクタイを緩めてビール片手に芝生に座り込む

サラリーマン。


浴衣姿で友人らと待ち合わせている華やかな若い女性。


既に顔を赤くしながら焼き鳥をほおばる中年男女のグループ。


ミュージシャンのパフォーマンスを聞きながら、ジャズ談義に花を咲かせるお兄さん。


体を揺らしながら目をつぶって気持ち良さそうにスィングするお姉さん。

 

会場のいたるところでそんな人々の姿が見られた。

 

良く冷えた○○はいかがですか〜?」

たった今焼きあがりました熱々ですよ〜!」

いらっしゃいませ〜!」

ありがとうございました〜」

熱いですから気をつけてお持ちくださいね〜」

 

お店からも威勢の良い声が掛かり、店の周りでは売り子たちが、店の自慢メニューを

声を張り上げながら練り歩いてアピール。

飲食店の料理担当は、つくっている手元から顔をあげる暇も無いくらいに必死だ。

 

あちこちから、おいしそうな臭いがただよい、時折何かを焼いている白い煙が

こちらに流れてくる。

きっと焼いたり炒めたりする際の、胃袋を誘惑するジュージューという刺激的な音も

聞こえるはずなのだろうが、大勢の人のざわめきにかき消されてしまい、

雰囲気から推測するしかない。


こんなもんじぇ祭りの様子を、かなりの枚数 写真におさめたので、下にまとめて
アップしようと思う。

monje_festa2007_01.jpg

午後3時にスタートしたもんじぇ祭り。
まだこの時間帯は訪れる人もそれほど多くは無かったのだが・・・。

monje_fest2007_02.jpg

晴天に恵まれ、のんびりと楽しむ人々。
お店のスタッフの表情にもまだ余裕が見られる。

monje_fest2007_03.jpg

もんじぇは食にこだわったお祭りであることが、このコックさんの写真から分かってもらえるだろうか。
暑い日だったのでカキ氷も大人気だ。

monje_fest2007_04.jpg

屋台とはいえ、料理にいっさい手抜きはないのだ。

monje_fest2007_05.jpg

だんだんとお客さんが増えてきた。

monje_fest2007_06.jpg

なかなかインターナショナルな雰囲気でしょ!
意外に相模大野はワールドワイドなのだ!!

monje_fest2007_07.jpg

公園の様々な場所で料理をほおばる人々。

monje_fest2007_08.jpg

お店の前には次第に長い行列が・・・。

monje_fest2007_09.jpg

おいしそ〜〜〜っ!!

monje_fest2007_10.jpg

みんなの笑顔を見ていると、お祭りっていいなぁ〜と改めて感じた。

monje_fest2007_11.jpg

一番上の写真、真ん中のオレンジ色の服の人が、何を隠そう「もんじぇ探検隊」の昌龍飯店さん。
さすがに忙しくて愛用のカメラを触る暇はなさそうだ(笑)

monje_fest2007_12.jpg

射的コーナーがあったのにはびっくり!
浴衣姿の女性の姿もちらほら・・・。夏らしいなぁ〜〜〜(^<^)

monje_fest2007_13.jpg

JAZZライブも盛り上がってきた!
津久井の特産品もオープンしていてなかなかの賑わいだ。

monje_fest2007_14.jpg


駅前ではダンス大会「Ohno Dancing Wave in MANGEZ」が開催されていて、もんじぇ祭り
一層盛り上げる。
相模大野を中心に活躍しているダンスチームによる熱いダンスが、相模大野サンデッキ
繰り広げられた!

monje_fest2007_15.jpg


既に陽は沈んで、ステージとお店の照明、公園灯と伊勢丹のネオンサインが
暗闇に浮かび上がる。

当日は天気に恵まれていたので、月も祭りに誘われるように顔を出した。

(そういえば加山現相模原市市長も来場され、祭りの凄い熱気に驚いておられた)

monje_fest2007_16.jpg

夜になると一層、祭りらしくなってきてわくわくする!
でもお店の人は必死な形相。お疲れ様です。

monje_fest2007_17.jpg

人がどんどん会場にやってきて、撮影しながら歩くのが厳しい状態に・・・。
でも何かすごく楽しい〜〜(*^_^*)

monje_fest2007_18.jpg

JAZZライブはものすごい盛り上がり!
半端じゃない数の人々が見守る中、ミュージシャンの演奏にも力が入る。


 

このお祭りでは、たくさんの笑顔に出逢えた。

会場にあふれる熱気に圧倒されてか、どの顔も機嫌が良さそうで、高揚していた。

 

みんな もんじぇ祭りを楽しんでくれていたみたいで良かった。

 

いや〜!!本当に夏の夜にふさわしい素晴らしいお祭りだったよ!

 

2007年 もんじぇ祭り 大成功だと思う。

   

このお祭りの素晴らしいところは、全て実際に相模大野にお店を構えている
飲食店が
出店している点だ。

これまでずっと相模大野に店を構えてやってきて、これからもやっていくんだ

という老舗。
これから相模大野で頑張っていくぞと決意している若いお店。

このお祭りが終わってこれっきりというのではなく、
大野でずっとやっていくわけで、
お店の看板を出して商売しているかぎりは、
評判を落とすようなものは
お客さんに出せないし、出さない。

地元の人に美味しいものを食べてもらいたい。そしてお店を末永くご愛顧願いたい

そう思っているのだから、参加する時点での覚悟からして違うのだ。

 

相模大野をどんどん良くして行こう!そういう思いも強いわけで、

お祭りの後に出るごみにも気を使っていた。

中央公園が綺麗で、住民のみなさんや、遊びに来てくれる外からのお客さんが、

お祭りの後にも楽しく快適に使ってもらえなければ、出店したお店全体、

そして相模大野の街への評判が落ちてしまうとなれば、撤去後の清掃活動も
念入りなのだ。

  

この歳になると物事への感動が薄れがちなおいらだが、このお祭りは

本当に楽しかった。

10歳くらい若返って・・・いやそんなものではなく25年くらい若返って

(高校の文化祭で盛り上がった時くらいにまで遡って・・・)

楽しく過ごすことができた。

 

こんなお祭りに、微力ではあるがスタッフの一員としてお手伝いできたことを
心から感謝している。


monje2007_611.jpg
 

来年もきっと今年以上に盛り上がるだろうもんじぇ祭り

今からもう楽しみになっている。(←はやっ!!!)

 

相模大野を魅力的な街にしたい!

そういう思いが根底にあるこの素晴らしいお祭りを、地元はもちろん、他市、他県の

人たちにも広くアピールしていきたいものだ。

 

料理の味だけでなく、祭りに対する思い入れも一味違うもんじぇ祭り

今後ともよろしくね!

(↑なんか上手にまとめた感じで、自分で悦に入ってるよ┐(-。ー;)┌やれやれ) 


お〜い!おいらに座布団一枚持ってきてやれ!・・・・
(↑笑点か!ヾ
(・ε・。)ォィォィ)

  

おあとがよろしいようで・・・テンテケシャンm(__)m

posted by おいら(妄想の貴公子) at 00:58| ☁| Comment(29) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

相模大野一周もんじぇの旅(後編)

いよいよもんじぇ祭り開催も今週土曜日(8月25日)に迫ってきた!!
週間天気予報によると天気もまずまずのようだし、昨年のように雨が降らないことを祈るばかりだ。
(昨年は雨の中ですら凄く盛り上がったのに、天気が良かったらどうなっちゃうんだろ?ビビルo((=゜ェ^=))o


さて、そんなわけで今週も前回に引き続き「相模大野一周もんじぇの旅(後編)」をはじめようと思う。

前編を読んでいただいた方は、このもんじぇの料理メニューの撮影が、かなりスケジュール的に過酷で
あったことをご存知だろう。

しか〜し・・・・!!

過酷なのはスケジュールや、撮影条件だけではない。

もっとも過酷だったのが
目の前においしいものが並んでいるのに、
食べていると撮影時間が無くなるので絶対に食べないように”と厳命されていたことだ。

F氏いわく
「撮影後にさ〜、撮影のためにつくってくれた料理を折角だから味見していけって、お店の方が申し出てくれると
思うんだけどさ、一日に何店舗も撮るから時間無いんで、心を鬼にして断ってくれよ〜!」


もんじぇ探検隊
・・・・・はい(しぶしぶ3人ともうなづく)

まあ確かに一店、一店の料理を味わっていたら時間がどんなにあっても足りないだろうし、
いくらなんでも栄養取りすぎだよなぁ〜。

monje_chirashi_web.jpg

もちろん 最初はそう思っていたし、F氏の命令にそむくつもりは毛頭無かった。

理性的に考えれば、そうだろう。ただでさえ時間が無いのだ。

当たり前のことだ・・・・。

・・・・・(^^;;

・・・・・・・・・(・Θ・;)

・・・・・・・・・・・・・(;゜(エ)゜)


・・・・・結果から言おう(汗)

もんじぇ探検隊メンバーの鋼のごとく強い(はずの?)意志は、撮影初日早々から
もろくも崩れ去ったのである。

「だってさぁ・・・
もんじぇに出店するようなお店だから、味には自信があるわけで、そんなお店のお奨め料理を目の前に、
”どうぞ”と出されたら、食い気盛りのもんじぇ探検隊のメンバーが黙って見てられるわけがないじゃん。
そりゃ〜無理な話だっつ〜の!!!」
(↑逆ギレ)

もんじぇ探検隊は呪文のように”都合の良い言い訳”を唱えながら、お奨め料理をたいらげつつ
撮影を敢行したのである。
お陰でスケジュールは徐々に狂い始め、結局2日間の予定が3日間まで延びてしまったが・・・m(。_。;))m

monje_menu04.jpg

旬の手づくり家庭料理 やのや さん

安心の食材を使用した手づくり料理でおもてなししてくれる家庭料理のお店。
おすすめの日本酒や焼酎と一緒に、新鮮な魚をお造りにして味わえる。
お奨めは旬のお刺身盛り合わせ 1600円〜

割烹居酒屋 鳥陣 さん

掘りごたつの炉端前はまるで魚屋さんのよう。旬の素材がいっぱい並んでいるのが印象的。
1人でも気軽に来られる美味しく食べて楽しく飲めるお店。
中でも釜めし680円〜はお奨め!五目、あさり、わさびなど種類もいろいろ。
魚の塩焼きもうま〜い!

大衆割烹 ガクさん

相模大野で37年の歴史を誇る老舗のお店。
味と安さでは定評があって学生さんにも人気だとか。
お奨めは活あじ刺身680円。新鮮な鯵が良心的な価格で味わえる。

お好み焼き まるう さん 

大野銀座にある気軽でアットホームなお好み焼きやさん。
お好み焼き、広島焼き、関西風、明石焼き、鉄板焼きなど様々に楽しめる。
なんとアルコールは100種類以上も。
お奨めは広島焼き680円、明石焼き450円。

monje_menu05.jpg

異国麦酒と創作料理 LEMON PIE さん

1969年創業のダイニングバー。
300種類のビールと創作料理で小さな世界旅行を。日曜日はライブも。
お奨めはワインやビールによく合う自家製のピッツァ880円〜

イタリアンレストラン イル・ヴィネイト さん

以前このブログで紹介したことのあるイタリアンレストラン。ブログ記事はこちら
建築家、堀川秀夫デザインの不思議空間。女子大通りの赤いビルを見たことがある人は多いはず。
お奨めはトマト・モツァレラの冷製パスタ1300円。

パブ エクアス さん

ゆっくりお酒の飲める、ホッとできる場所。
(紹介のある方以外はお断りしています)
お奨めはオリジナルカクテル700円〜。

パブスナック エヴァ さん

安心価格で飲めるお店。

monje_menu06.jpg

角屋食堂 さん

相模大野に昔からある老舗の定食屋さん。
相模大野の顔とも言える歴史ある食堂、北口降りてすぐ目の前。
静岡県西伊豆から取り寄せるサバ、アジのみりんのおいしさは絶品!
お奨めはボリューム満点の中華丼(お味噌汁と添え物つき)600円。

バーRUDDY さん

以前もこのブログで紹介したことのある、お洒落なバー。ブログ記事はこちら
世界から集めたお酒は圧巻!オリジナルカクテル700円〜を是非楽しんで!!
お奨めはノルウェー産のサーモンを使って、エクストラバージンオイルをベースに岩塩とバジルで味付けした
サーモンのマリネ850円。

大阪たこ焼き 半兵衛 さん

相模大野で本場大阪のたこ焼きが味わえる。究極のたこ焼きを追求しているのだとか・・・。
お奨めはやっぱりたこ焼き400円だが、ここのかつお節がたっぷりのったたこ焼きの特徴は、
時間がたっても冷めにくいこと。
その他 たこせんたこぺっちゃんもおいしい!!

monje_menu07.jpg

TEAROOM 東方美人 さん

以前このブログでも紹介した、アジアンテイストあふれるカフェ。ブログ記事はこちら
まるで台湾の茶芸館にいるような店内は、オリエンタルムード満点でくつろげる空間。
アート作品なども多数飾ってあり、中国茶、デザート、食事と一緒に楽しめる。
お奨めはかき氷にたっぷりのマンゴーとタピオカをトッピングした、見た目も涼しいマンゴーかき氷750円。
暑い時にこれを食べるとやみつきに!!

naruco cafe さん

女子大通りにある居心地の良いカフェ。以前このブログでも紹介させてもらっている。
ブログ記事はこちら
おすすめはおいものクランブル550円。
オーダーを受けてから焼く熱々のおいもに、サクサクのクランブルをかけ、仕上げにアイスクリームを・・・。
ほくほくのおいもと冷たいアイスクリームの絶妙なバランスがたまらない!
narucoブレンド450円と一緒にどうぞ!


いや〜まじで旨かった。
一日で10軒以上も回っていると、途中お腹が一杯で食べられないような状態に何度も陥ったが、
それでも各店のお奨め料理を眺めていると、ほんの一口でも食べようという気になってしまうのだ。
ほんの一口が、もう一口だけ、あとちょっと、もう少しとなっていき、結局はほぼ完食に(笑)

特においら以外の2人のメンバー昌龍飯店さん、春木屋さん)ときたら、それはもう凄い食欲で、
飢えた狼顔負けで料理を次々にたいらげていたのには驚いた! ┐(-。ー;)┌

もんじぇ探検隊は料理を撮影しに行ったの?それとも撮影をネタに、ただ飯食らいに行ったの?」
そう言った非難の声があちこちから聞こえてきそうだが・・・・。
ここではっきりと言わせていただくが、もちろんただ飯・・・・バキッ!!☆/(x_x)

・・・・おほん・・・もちろん撮影しに行ったのだ。
あくまで料理を食べたのは副産物的なもので、料理を味わうことによって写真に思い入れが入ると言うか、
リアリティが増すと言うか・・・その・・・なんだ・・・えと・・・まあそういうことなのだ。
(ここで探検隊メンバー一同深くうなづく)


もんじぇ祭り当日のメニューは今回紹介したお奨め料理が出てくることもあるが、
もんじぇ祭り専用メニューが用意されている場合がある。
気軽においしくリーズナブルに本格的な料理を楽しんでいただけるように、各店舗が工夫を凝らしているのだ。
まあこのお奨め料理を見ていただければ、もんじぇ専用のメニューの実力も窺えるというものだろう。

皆さん、今年の夏最後の思い出として、是非もんじぇ祭りに行ってみてくださいね〜!

おいらも会場をぶらついていますので、見かけたら声をかけてくださいね〜(=⌒ー⌒=)ノ~☆・

注:「あ!ただ飯探検隊だ!」などと指をさしたりしないように、くれぐれもお願いする。

posted by おいら(妄想の貴公子) at 00:01| ☀| Comment(16) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

相模大野一周もんじぇの旅(前編)

「あ〜おいら君!

今度もんじぇ祭りのパンフレットつくるから、お店の料理の写真撮ってくれない?

お店は忙しくて時間取れないから、2日間くらいでチャッチャッとやっちゃってね!

大体24〜5店くらいあるけど何とかなるでしょ!よろしくね〜!」

 

プッ・・・・ツーツーツー・・・・♪

 

寝起きでボーっとしているときに限って、こういう重要な電話がかかってくる。

(↑マーフィーの法則ならぬおいらの法則

 

ほとんど返事らしい返事をする余裕も無くF氏からの電話は切られ、

もう一度 布団にもぐりこんで目を閉じてはみたものの、さっきの電話の内容が
気になって仕方がない。

次第に意識がはっきりしてくると“事の重要さ”に気がついて思わず飛び起きた。

急速に眠気が吹っ飛んでいく・・・(;゜∇゜)/


えと・・・2日間で24〜5店分の料理写真を撮れって言ってたよな。

つぅーことは1日に12店はこなさなきゃいけないんじゃぁ・・・。

1日の実質活動時間帯が8時間として、お店間の移動時間に、料理を待つ時間、

機材のセッティング時間もろもろにとられて、実際に撮影にかけられる時間は

およそ20分くらいか!!

 

どんだけぇ〜〜〜〜〜!!!

 

(イメージ:突然布団の上に立ち上がり、頭を抱えながら絶叫する怪しい男が1人


monje_web01.jpg
 

気持ちを落ち着かせるために、水を一杯飲んでからF氏に電話することにした。

(ちなみにF氏は相模大野にあるデザイン会社の社長さん・・・
いつもお世話になってますm(__)m

 

おいら:

「先ほどは、ども・・・。

えと・・・2日間で20店舗以上のお店の料理写真をとるんですよねぇ。」

 

F氏:

「そうそう!よろしくね!」

 

おいら:

「はぁ・・・でも
お店の撮影スケジュールとかの割り当て交渉はどうすれば良いんでしょう?

そういったことも含めて、この強行スケジュールで撮影するには
1人じゃとても・・・。

それに料理写真は奥が深くて、その道だけで食べてる料理写真家もいるくらいで、

スタジオを借りたり、機材を調達したりすると、あれやこれやで大変ですよ。」

 

F氏:

「そう思って、一緒に手伝ってくれる商店街からの助っ人を2人見つけといたから!

1人は昌龍飯店さん、もう1人はお茶の春木屋さんね!

あと料理写真のことだけど、予算が無いからスタジオとか機材とかは無理。

直接お店に行って、その場でサクサク撮ってもらいたいんだ。

かけられる時間も限られてるから、その範囲内でベストな写真を撮ってくれよ!」

 

おいら:

「わ、わかりました・・・( ̄Д ̄;;

 

F氏:

「あっ・・・電話かかってきちゃった。悪りぃ・・・じゃ、あとは頼んだよ!!」

 

プッ・・・・ツーツーツー・・・・♪

再び、受話器を握り締めながらしばし呆然。

  

こうして、怪しい3人からなるもんじぇ探検隊は組織されたのである。

(↑怪しいのはおまえだけだろっ!!他の2人を巻き込むなっ!!!)



さて、撮影第一日目である。
他のメンバー2人も手にDIGITAL一眼レフを持って、やる気まんまんだ!
ほとんどのスケジューリングを昌龍飯店さんがやってくれていたし、
かさばる撮影機材なんかも春木屋さんと一緒になって持ってもらえたので、
想像していたよりもスムーズにいきそうだ。

今回は撮影にうかがったお店の、お奨めメニューを簡単に紹介したいと思う。

  monje_menu01.jpg


カフェレストラン ラシェットさん
お昼はテラスに緑を眺めながら、夜はジャズの生演奏を聞きながら充実した時を
楽しめるお洒落なカフェ&レストラン。
英国式ビーフカレー1,000円とダイナミックサラダ1,200円がお奨め!

お弁当・お惣菜
 あさのやさん
野菜たっぷりの7種類の惣菜が入ったあさのや弁当500円がお奨め!
白米の代わりに玄米、雑穀米を入れることも出来る。

本格玉子麺 ラーメンかるあさん
横浜中華街から直送の玉子麺を使った、昔ながらの支那そば600円がお奨め!
伸びにくいので、子供でもゆっくり食べられる。

イタリア食堂 ファゴットさん
地元の野菜をふんだんに使った、一品一品心をこめて作ったイタリアン料理。
前菜つきパスタランチは1,575円から!
女性客にも入りやすいお店。

monje_menu02.jpg

和肴とワイン・地酒 醸し屋 kamoshiyaさん
店主が日本全国、世界各国に直接足を運んでみつけた美酒と和肴のお店。
合鴨のソテー900円、あなごの笹焼き900円がお奨め。


ラーメン専門店
 麺屋 鼎(かなえ)さん
とんこつラーメンの専門店。じっくり煮込んだクリーミーでこくのあるスープ。
後口さっぱりの鼎ラーメン850円がお奨め!

焼肉 アボジさん
家庭的な雰囲気のお店。
お奨めはカルビ、ハラミ、タンとネギの3種盛り合わせ3,150円〜。
柔らかいお肉と自家製の漬酒が最高です。

monje_menu03.jpg

やきとり 煙人さん
ちょっとお洒落な雰囲気の焼き鳥屋さん。店内装飾も凝っている。
5万馬力盛530円ととりせんべい420円がお奨め!

Sports Restaurant & Bar KLASSさん
レゲエ好き、ダーツ好き、スポーツ好きには最高のレストラン&バー。
オーナーのジョニーさんの人柄に惹かれて通う人も多いとか・・・。
お奨めはジョニーズ ガーリックチキン800円。


やきとり かめやさん
昭和22年に淵野辺で屋台から始めたお店も、今年で60年だとか。
お客様のほとんどが注文する、名物のもつ煮込み368円は柔らかな食感が絶品。


お好み焼&串かつ ちょこっとさん
お好み焼き、たこ焼き、焼酎がおいしい アットホームで楽しいお店。
お奨めはお好み焼き680円〜、他に冷めてもおいしいたこ焼き500円は
おみやげにお持ち帰りしても良さそう。



ああっ!! ( ̄‥ ̄;) ・・
いけない!もうこんな時間だっ!
(いつもよりブログ更新のタイミングが大幅に遅れているのだ・・・・汗)


まだ紹介しなきゃいけないお店は沢山あるし、話しておきたい裏話なんかも
あるのだが、今週はここまで・・・。
来週の相模大野一周もんじぇの旅(後編)に続きます〜!

ではでは!! 
(=⌒ー⌒=)ノ~☆彡

posted by おいら(妄想の貴公子) at 18:27| ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

南新町納涼ふるさとまつりにて

だ〜・・・汗だらだらの真っ盛りですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
(↑え?もう立秋?ありえな〜い・・・!!)

とにかく相模大野もあっつ〜い・・・。
でもなんだから暑いのは仕方が無い。
どうせなららしい風情を楽しみたいよなぁ〜”と思っていたら、8月5日(日)
南新町納涼ふるさとまつりが開催されるとの情報が・・・。

m_shinchoMatsuri031.jpg

相模大野駅南口を降りて、祭り会場を探そうと辺りをきょろきょろ。
既に午後3時をまわっていて、暑さのピークは過ぎているはずなのに、うだるような暑さだ(;´ρ`) グッタリ。
でも、祭りなんていうのは、このくらいのほうがかえって盛り上がったりするんだよねぇ〜。

「あれ?告知ポスターが見当たらないなぁ・・・。」
まあいいか、ちょっと歩けばすぐわかるだろ”そう思って歩き始めた。

しばらく商店街を歩くと、祭り会場に向かう人の流れを発見。
法被を着た子供の姿もちらほら。
その後についていくことにした。

すぐに会場になっている公園を見つけることが出来た。
まわりをマンション群に囲まれている、こじんまりとした公園だ。
きっと平素は静かなのだろうが今日は特別(^<^)
祭りはまだ始まったばかりだというのに、人でごったがえしている。

m_shinchoMatsuri002.JPG

まもなく、威勢の良い掛け声とともに”どーん!!どーん!!かかかん!!”と
子供たちによる和太鼓の演奏が始まった。
見ると法被に「少年龍王太鼓」とある。
まだあどけない表情の彼らの太鼓から、お腹にまで響くくらいの音が発せされるのにはびっくり!
バチをただ叩くだけでなく、気合の発声とともにアクションも取り入れてあって、なかなか勇壮だ。

m_shinchoMatsuri001.jpg

m_shinchoMatsuri008.JPG m_shinchoMatsuri010.JPG m_shinchoMatsuri011.JPG m_shinchoMatsuri012.JPG
今回この見事な演奏を披露しているのは「相模龍王太鼓」という太鼓集団で、
南新町ふるさと納涼まつりのために招かれたゲストらしい。
長野県無形文化財 御諏訪太鼓宗家 小口大八 宗匠より、古くから連綿として伝わる太鼓を伝承し、
神奈川県に最初に太鼓集団を作ってから30年の歴史があるとか・・・。

m_shinchoMatsuri007.JPG

マンションが増えて都市化の進んだ相模大野に、こんなに昔ながらの素晴らしい祭り
まだ存在していたんだねぇ〜。ちょっと感動!

m_shinchoMatsuri022.jpg

m_shinchoMatsuri017.JPG m_shinchoMatsuri018.JPG m_shinchoMatsuri019.JPG m_shinchoMatsuri021.JPG

少年龍王太鼓」の演奏の次は、「相模龍王太鼓」による気合の入った演奏。
黒地に白で染め抜かれた龍の絵柄が格好よい!!
いなせだねぇ〜(←この使い方あってるかな(^^;;

m_shinchoMatsuri028.jpg

m_shinchoMatsuri015.JPG m_shinchoMatsuri023.JPG m_shinchoMatsuri024.JPG

和太鼓の演奏が始まった途端に、辺りの空気が変わったというか、先祖から受け継がれてきた
日本人の本能が今 突然に目覚めたと言うか・・・。
会場内のボルテージが一気に盛り上がってくるのがわかった。
(あ〜暑かったけど来てよかったぁ(´▽`)

m_shinchoMatsuri025.jpg

相模龍王太鼓」の演奏が終わると、お待ちかねの「子供神輿」の出番だ。
出番を待つ子供たちの後姿からは、ワクワク感が伝わってくる。

m_shinchoMatsuri032.jpg

いつもの商店街も、法被を着てみんなで歩くと全然違って見えるんじゃないかな?

m_shinchoMatsuri036.JPG

神輿の後ろには山車が続く。

m_shinchoMatsuri033.jpg

ねじり鉢巻の女の子のなんと勇ましいこと!

m_shinchoMatsuri041.JPG m_shinchoMatsuri040.JPG m_shinchoMatsuri052.JPG

いや〜やっぱり祭りはいいね〜♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノ♪

m_shinchoMatsuri048.jpg

おかげさまでらしい風情を味わうことが出来た。
相模大野とは思えない街の風景を撮れてラッキー!!!

m_shinchoMatsuri043.jpg

来年はおいらも法被を着て参加してみたいもんだ。
どうしたら参加できるのだろう・・・・?
最寄の南新町商店会のお店か、自治会の関係者に聞けば教えてくれると思うので
今度聞いてみるつもりだ。

m_shinchoMatsuri045.JPG m_shinchoMatsuri050.JPG m_shinchoMatsuri044.JPG

m_shinchoMatsuri042.jpg

m_shinchoMatsuri056.jpg m_shinchoMatsuri059.jpg

ここで子供たちは一休み。
良く冷えたすいかが振舞われた。
の日の良い思い出になったんじゃないだろうか。

m_shinchoMatsuri057.JPG

それにしても南新町ふるさと納涼まつりは、予想以上にちゃんとした内容のお祭りだった。
加山 相模原市長南新町のふるさと納涼まつり会場に足を運ばれ、開催にあたっての挨拶を
されていたのには本当に驚いてしまった)


南新町は、自治会商店会が理解しあい、しっかりとした協力関係を築いているように思える。
きっと、この祭りもそういった活動の成果なのだろう。
このようなケースは相模大野では他に聞かないので、成功例となるように頑張って欲しいと思う。

この「子供神輿」の後も「よさこい踊り」、「盆踊り」などの楽しいイベントが沢山用意されていて、
夜まで祭り会場は大いに盛り上がったらしい。

おいらは残念ながら、この後本格的に盛り上がった会場を見ずに帰ってしまったのだが、
こんな素敵なお祭り相模大野で開かれているなんて、地元の人でも知らない人が
多いんじゃないだろうか?
もしそうだとすれば、あまりにも勿体無い気がする。
(もっと広く告知すればいいのにね(´・ω・`)



今年、南新町ふるさと納涼まつりに参加できなかった人も、来年は是非行ってみてね!


posted by おいら(妄想の貴公子) at 00:22| ☀| Comment(14) | TrackBack(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

日本の夏!うさぎの夏!!

TANTO夏休みWEB.jpg

いや〜!とうとう梅雨が明けましたね。
暑いです!

湿度が高くて、むしむしと暑いのが日本の夏ですよね。
でも家のウサギたちは、この暑さと湿度でぐったり・・・ε= (++ ) バテバテ!!

おいらも同じくバテバテ・・・。

というわけで、今週の「相模大野 男の買い物日記」夏休みですm(__)m

なんのかんの理由をつけて、自分の愛ウサの写真をUPしたがっているだけという噂もありますが(^^;;

来週はなんとか更新します〜!(=⌒ー⌒=)ノ~☆
posted by おいら(妄想の貴公子) at 00:00| ☔| Comment(19) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。