2007年09月27日

一瞬の風になれ(相模原市内にある高校が舞台の人気小説)

「一瞬の風になれ」を読んでいる。

  

春野台高校陸上部。

とくに強豪でもないこの部に入部した二人のスプリンター。

ひたすらに走る、そのことが次第に二人を変え、そして、部を変える―――――。


「おまえらがマジに競うようになったら、ウチはすげえチームになるよ」


思わず胸が熱くなる、とびきりの陸上青春小説、誕生。


これは1部(イチニツイテ)の帯に書かれている惹句(キャッチ兼ストーリーの大筋)だ。

isshun_no_kaze01.jpg

この小説の舞台として登場する春野台高校のモデルになったのが、相模原市にある

麻溝台高校であるということを知って、俄然興味がわいて読んでみようと思った。

(相模大野を舞台にした小説がないだろうか?と思い立ってネット検索をしてみたが、

残念ながら見つけることが出来ず、範囲を相模原市にまで拡げて探してみたところ

この本を見つけることが出来たのだ)

 

今読んでいる1部(イチニツイテ)のあらすじはこんな感じだ・

 

天才型のサッカー選手である兄貴にあこがれて、中学まではサッカーを続けてきた

主人公の神谷新二

自分がサッカーにむいていないのではと悩み、高校では親友の一ノ瀬 と一緒に

陸上部に入るのだが、実はは天才型のスプリンターであることが判明・・・。

兄はサッカーの天才、親友は陸上の天才というニ人の天才に挟まれてしまい、
ちょっと凹んでしまうような境遇なのだが、新二はそんな劣等感でつぶれて
しまわず
ただひたむきに早くなりたいという一心で走り続ける。 


文章は、陸上部に所属する高校生が交わすであろう日常の会話や、心の動きを、
自然な
流れにのせて書かれているため、読んでいると、まるで自分が高校生に
戻ったかのような、
そんな気さえしてくる。


実際にそこで喋っていること、考えていること、見ていること、聞いていることを

そのまま転記したかのように、小気味よいテンポで書かれた文章はとにかく

読みやすいので、一気に読み進むことが出来るはずだ。

 

それにしても主人公の新二や親友のをはじめ、登場するキャラクターたちの

なんと魅力的なことか!


このブログで長々と書くのは避けるが、主人公はもとより脇を固める登場人物まで

きめ細かい人物描写がなされているので、架空の人物とは思えないリアリティを
感じる。

 

相模大野の駅前のファーストフード店とかでハンバーガーをほおばっている
男子高校生の
二人組みを見かけると、

「あれはもしかして新二じゃないの?

傍らに無造作に置いてあるスポーツバッグの中にはスパイクが入ってんじゃないの?」

なーんて妄想しちゃうくらいに、活き活きと描かれている。


なにしろ麻溝台高校が舞台だから、特に親近感沸いちゃうんだろうねぇ〜!(^_^)


isshun_no_kaze02.jpg


2
(ヨウイ)3(ドン)はこれから読むのだが、ネット上の感想を読んでいると、

とても評判が良いので楽しみだ。

何でも3のある章では鳥肌が立つくらいの緊迫感があるとか・・・。


おお〜っ!わくわくするなぁ!!

 

また
「ついに最終章まで読み終えてしまった。読み終わりたくなかった」

多くの人が全3部を読み終えて感じるそんな喪失感について触れているのも
興味深い・・・。

きっと読んでいくうちに新二に感情移入しちゃうんだろうなぁ。


最近なかなかお目にかかれない、そんな素晴らしい小説らしいので、
おいらの
2007
秋の読書 第一弾はこれに決まりだ。

 

ちなみに昨年から話題になっていた小説らしく、TBS系で放送されている

「王様のブランチ」 2006年度No.1!になっていたり、「本の雑誌」が選ぶ

2006年度ベスト10では第一位を獲得している。

2007に入ってからは28回吉川英治文学新人賞2007年本屋大賞W受賞と、

すごい勢いだから、既に読んでいる人も多いことだろう。

(↑おいらは何で今頃になって気づいたんだろう(^^;;)

 

あ〜おいらもそんなに早く走れたら、どんなにいいだろう・・・。

一瞬の風になれぇ〜!!

 

トリノタント(おいらが飼っているウサギの名前)が逃げ出したら、その時くらいは

一瞬の風になって追いかけなきゃなぁ()


一瞬の風になれ
佐藤多佳子著 講談社

第一部(イチニツイテ) 定価1,470円(税込)
第二部(ヨウイ)     定価1,470円(税込)
第三部(ドン)     定価1,575円(税込)
posted by おいら(妄想の貴公子) at 00:00| ☀| Comment(19) | TrackBack(0) | 或る日の相模大野(路上観察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

相模原演劇鑑賞会 潜入レポート?

相模大野相模原演劇鑑賞会というユニークな団体の事務局があることを
聞きつけて、
取材させてもらうことになったものの、今まで演劇について
あまり考えたことがなく、
知識があやふやのままで当日を迎えた。

 

映画テレビドラマは比較的良く観ているおいらだが、
演劇ってあんまり馴染みが
無いんで、あわてて演劇について持っている
自分なりのイメージをおさらいしてみた。


engeki11WEB.jpg
 (↑写真は過去に公演された作品のポスター)


おいらの少ない知識の中での演劇のイメージとしては・・・

 

単純に考えると"CDに録音された音楽ライブ演奏の違い"みたいなもんだろうか?

前者が映画だとすれば、後者が演劇みたいな・・・。

 

映画が既に記録された不変の映像なのに対して、演劇は一回一回の公演を

生身の俳優が演じるわけで、そのときの体調やメンタル面、観客のノリ、
舞台の状態など
全く同じということがない、一期一会のものなのだ。

また上演期間中にも演技や台本の微調整が行われる場合もあり、初日千秋楽では

随分と違った印象になる場合も多々あるという。

 

それにしても舞台俳優さんは大変だよねぇ!

だってすごい長いセリフとかあるだろうし、場合によっては公演時間1時間半〜

長いもので3時間以上の間、ぶっつづけで演技しなきゃいけないわけで・・・(^^;;

目の前に観客はいるわで、緊張しまくりだろう・・・めちゃくちゃハード。


engeki03WEB.jpg
 

でも、おいらが何よりも違いを感じるのは

"演劇にはカメラワークによる編集がない"という点だ。

 

映画ではカメラワークによる俳優の表情のズームアップや、フェードアウト、

カット割による過去や現在との交差、それぞれの俳優がいる場所の切り替えや移動が

可能だし、観客の視点を360度 監督の意思によってコントロールできる。

最近ではCGなども駆使できるのでなおさらだ。

それに対して、演劇は舞台セットが用意されており、ある幕では、
そのセット内で
演じる俳優を眺める我々の視点は固定されたままだ。

ズームアップが不可能な代わりにスポットライトなどが使用され、
視線を誘導させる
工夫がとられているが、こういった部分は映画との
大きな違いだろう。

(演劇には実際にその場で起きていることを覗いているような、独特の感覚があるのだ)

 

と・・・まあ長々と書いてきたが、おいらの演劇についてのイメージばかり

書いていても仕方が無いので、ここからは本題の相模原演劇鑑賞会の話に移ろう。


engeki10WEB.jpg
 

コリドー通り伊勢丹に向かって歩き、毛糸のリリアンさんの店を右折。

かつてカフェ キャトルズがあったビル(今はオルディネ カフェさんになっている)

6階に相模原演劇鑑賞会の事務局はある。


engeki05WEB.jpg
 

迎えてくれたのは事務局山田さん。

相模原演劇鑑賞会の内容について色々と伺ってみた。

 

おいら:相模原演劇鑑賞会とは?


山田さん:

  営利を目的としない、市民の手による「会員制の演劇鑑賞団体」です。

  「演劇との出会いを通じて潤いのある人生を楽しんでもらいたい」

  「豊かな文化性を持つ地域社会になって欲しい」

  そんな願いを込めて、グリーンホール相模大野相模原南市民ホール

定期的に観劇会を実施しています。

 

おいら:入会したい時はどうすればよいのでしょう?

 

山田さん:

  入会は「生活に観劇による潤いを」と願う方ならどなたでも大丈夫です。

  お友達やご家族の方と3名以上でグループ(以後サークルと呼ぶ)を

作ってご入会ください。

また事務局側でサークルを紹介することも可能ですので、お一人でも

気軽にご相談ください。

今現在の会員数は約800名150サークルくらいあるんですよ。

 

おいら:

  なるほど!原則3人以上で入会して、一つのサークルをつくるんですね〜!

  一人で参加する場合には、どっかのサークルに入れてもらえば良いんですね。

    

おいら:ところで入会したらどんな良いことがあるのですか?

 

山田さん:

  相模原演劇鑑賞会が興行主となっている演劇は、会員限定の公演です。

会員になれば通常は観劇できない演劇を鑑賞することができます。

同じ観劇を趣味とする人々との交流がはかれ、人生観も広がると思います。

作品選びは会員の要望にそって決定していきますので、自分の見たい

演劇についての要望を会に反映することもできますよ。

 

おいら:なるほど。じゃあグリーンホール南市民ホールで行われる

    演劇鑑賞会興行の演劇お芝居は、会員で無いと観ることができないもの

だったんですね。

 

山田さん:そういうことになりますね()

 

おいら:会員はどんな活動をするのですか?

 

山田さん:

  単純に観劇してもらうのももちろんですが、鑑賞会の運営は会員の手で

  行います。たとえば年に一度 サークル毎に公演の準備作業を担当します。

劇団を最高の条件でお迎えするために、サークルのメンバーは座席の

割り当てや当日の受付業務、アナウンス、搬出搬入なども行います。

  観たい演劇を自らが興行主として呼んでくるイメージですね。

  会報づくりも会員が行っているんですよ。

 

おいら: 

  ただ演劇を観て楽しむだけの会かと思っていたんですが、まさか劇団

相模大野に呼んで公演させているとは思いませんでした。

サークルの方も自分が企画した公演を成功させたいでしょうから、

裏方作業も頑張るんでしょうね〜!

 

山田さん:本当に熱心な方もいらっしゃいますよ〜!(^<^)

 

おいら:そのほかに何かありますか?

 

山田さん:

  この会は様々なジャンルの作品と出逢う楽しさを大切にしたいと考えています。

  継続して「観続ける会」ですので、一回限りの観劇のために入会されるのは

  お断りしています。

  入会金と月会費をお支払いいただいた中で運営をしている非営利団体ですので、

会員に当日の観劇料金の負担はありません。

 

おいら:

  会費は公演のための積み立て金として使われているのですね。

  じゃあできるだけ多くの公演を観劇したほうがお得ですね。

 

山田さん:

  そうですね。観劇に来ても、来られなくても会費は発生しますので

  多く来られて楽しんでいただければ演劇好きにとっては非常にお得な

  システムだと思います。

 

  ちなみに入会時に納めていただく入会金が 大人2,500円

  月会費として大人2,300円大学生1,500円高校生1,000円です。

 

おいら:ありがとうございました。


engeki01WEB.jpg
 

こうして終始和やかムードでインタビューを終えたおいらに、山田さんからの

サプライズ プレゼントが!!!

 

あの、10月15日グリーンホール相模大野片づけたい女たちの公演が

あるんですが、良かったら取材がてら観に来ませんか?

出演は松金よね子岡本麗田岡美也子のお三方なんですが・・・。

 

「行きますっ!!絶対行きますっ!!」

おいらが即答したのは言うまでもない!

 

この「片づけたい女たち」公演舞台裏を許される範囲内でレポートするつもりだ。

10月終わりにはこのブログで紹介したいと思うので、楽しみにしていてくださいね!

いまから待ち遠しいなぁ〜!!o(^o^)o ワクワク


 

相模原演劇鑑賞会

 

相模原市相模大野3-14-17 SAビル6-

電話・ファックス:042-741-5880

事務局受付:午前10:00-午後6:00(日曜・祭日・月末以外の土曜日は休局)

*事務局が留守になる場合がありますので、来局の際には前もってお電話ください。

 
posted by おいら(妄想の貴公子) at 00:00| ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

秋になると焼きたくなるものと言えば?(亜月工房で見かけた窯入れ)

9月に入った途端、心が急に秋モードに切り替わり、オープンカフェ辺りでお気に入りの詩集などを
開きつつ、日々物憂げなため息をついていたりするおいらです・・・。(←そんなのはウソだ!!)

みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

「哀愁のソムリエ」との異名を持つおいらのことだから、人一倍 感性が豊かって言うか、秋の寂寥感に
敏感に反応する
って言うか・・・まあいわゆるハートの透明感
(↑まだ言うかっ!!)

え〜と・・・何について話すつもりだったっけ?

そうだった!

秋になると焼きたくなるものと言えば?・・・やっぱり・・・。

「焼き芋でしょ!!」ってどこからともなく声が聞こえてくるようだが、今回のおいらはちょっとアーティスティック
なので、答えは(。 ̄x ̄。) ブーッ!だ。


とびきりピュアなハートの持ち主のおいらが秋になると焼きたくなるもの、それは

う・つ・わ(器)
だ。

いつものように大野銀座をぶらついていたおいらは突然に、思う存分焼いてみてぇ〜モードに
突入してしまうのだが、その原因となったのがこれを見かけたこと・・・。

agetsu_kama01.jpg

まさに芸術の秋にふさわしいって感じじゃなかろうか?
亜月工房さんの陶芸教室の前に置かれたで、たくさんのたちが、今まさに焼かれようとしていた。

へぇ〜!の中ってこんなふうになってたんだぁ・・・!
思わずしげしげと中を覗き込む。

agetsu_kama03.jpg

どれ一つとして同じ形の無い手作りのたちが、このから出てきた時にはどんなふうになっているんだろう?
たぶん、この窯入れ陶芸の工程の中でも一番わくわくするタイミングじゃないだろうか?
出来上がりを想像しながら、ただひたすら待つ・・・。
きっと、このわくわく感は写真を撮った後、フィルムが現像されてくるのを待つ感覚に近いんだと思う。

う〜ん・・・すごく楽しみだ。

なんか急に陶芸にチャレンジしてみたくなってきたぞ。
(実はの中にあったクマのオブジェにすっかり魅了されてしまったのだ:笑)

おいらは、うさぎモチーフのオブジェをつくって、うさアーティスト ̄(=∵=) ̄としてデビューするかなぁ・・・!


モノ造りって絶対に面白そうだよね!!




ちなみに亜月工房さんについては、以前このブログでも紹介している。過去記事はこちら

亜月工房
住所:〒228-0803 相模原市相模大野6−6−29
電話:042−741−0676
営業時間:10:00〜21:00(毎週木曜日、毎月29日以降休)
HP:
http://www7a.biglobe.ne.jp/~agetsu/index.htm
posted by おいら(妄想の貴公子) at 01:22| ☀| Comment(17) | TrackBack(0) | 或る日の相模大野(路上観察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

宇宙からの贈り物 美味しくいただきました!(種子島ラーメン)

相模大野ぶらつき歴も2年を超え、既に3年目に突入したおいらだが、生まれつきシャイな性格と
貧乏がわざわいして、気になるお店があってもなかなか足を踏み入れられず、横目で見ながら
通り過ぎるだけという状態が続いている。

しかし今回は頑張ったよ!自分!!

今日こそ入ろう明日こそ入ろうと思いつつ、なかなか入れなかったラーメン屋に思い切って入ってみた。
(今年6月11日にオープンしたばかりの新しいお店なのだが、店の前を通るたびかなり気になっていた)

宇宙からの贈り物 種子島ラーメン

そのお店の名前だ・・・・汗

tanegashima03.jpg

宇宙からの贈り物!!!???。
ど、どんな贈り物がこのラーメン店で・・・。
たいていの人が衝撃を受けるであろうこのキャッチコピー。
インパクト命のキャッチコピーとしては、すごいハイレベルなポジションにあることは間違いない。

え〜と・・・種子島といえば鉄砲伝来の地だったよなぁ・・・。
なぜ宇宙・・・???
あっ!そうかぁ!!種子島宇宙センターってのもあったっけ!

なるほどなるほど。
ひとり、勝手に納得しながら店に足を踏み入れた。

tanegashima02.jpg

お店の看板のインパクトに比べて、店内はいたって普通。
ちょっと拍子抜けの感も。
でも清潔な感じで雰囲気は悪くない。
店内のあちこちに種子島に関するポスターや地図などが貼られていて、この種子島ラーメン オーナーの
種子島へのなみなみならぬ愛情が感じられる。

ラーメンの種類は鉄砲ラーメンロケットラーメンの2種類のみ。
鉄砲のほうが普通ラーメン、ロケットのほうがチャーシュー麺だと言うので、おいらは迷わず
ロケット ラーメンを選択した。

tanegashima01.jpg

まずはスープをいただく!
う・・・うまいっ!
(↑あ〜あ、最初にこのセリフを言っちゃったらグルメリポーターとしては失格なんだけどねぇ┐(-。ー;)┌)
(↑いつからグルメリポーターになったんだっ!!( #` ¬´#) ノコラ! 二重つっこみ)

とんこつスープなのだが、油が少な目でさっぱりしている。
とんこつのうまみも十分出ているので、とんこつは好きだけど油ぎとぎとは苦手っていう方にもお奨めだ。
それにこのスープ 一口飲んでわかるくらいにコショウのスパイスがたっぷり効いていて、
ピリッと締まっている。

次にネギともやしのシャキシャキ、シャリシャリを楽しみながら、一緒に柔らか〜いチャーシューをいただく。
これもまた肉のうまみが、軽い歯ごたえとともに口の中に伝わってくる!
うお〜っ!チャーシュー万歳!ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ !

ちなみに麺は黄色い細麺ストレートタイプでコシもしっかりしていてスープに良く絡む。
おいら好みのラーメンだった。

この種子島ラーメンについて、おいらは全く知らなかったのだが、どうやらそういうジャンルが存在するらしい。
たまたまおいらが知らなかっただけなのだろうか?相模大野以外で目にしたことがない。
種子島鉄砲伝来の地として有名だが、相模大野種子島ラーメン伝来の地として
有名になったりしないもんかな(笑)
「誰か種子島ラーメンについて詳しい人いたら情報くださ〜い!( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪」


お店のオーナーは種子島の出身とのことで、遠く離れたここ相模大野で故郷の味を広めたいと
日々頑張っているようなのだ。
(↑頑張って〜!応援するぞ~っ!)

う〜む・・・・行って見たくなってきたぞ種子島


<ここだけの話>
実はこのお店の存在を、随分前にもんじぇ探検隊メンバーでもある昌龍飯店さんから教えてもらって
いたのだが、なかなか行くチャンスが無く放置していた・・・(^^;;
「せっかくブログのネタになりそうなお店教えたのに、いつ行くの〜?先に僕のブログで書いちゃうよ!」
そう叱られて、ようやく重い腰を上げた次第なのだ m(_ _;)m !!

ありがと〜!昌龍飯店さん!ついに行ってきましたよ〜っ!!



種子島ラーメン 宇宙からの贈り物

住所:神奈川県相模原市旭町8-18 大洋ビル1F
電話:042-748-4483
営業:11:30〜14:30/17:00〜24:00
    行幸道路沿いを小田急相模原方面に徒歩15分程度。駐車場3台あり(店舗から少し離れている)

posted by おいら(妄想の貴公子) at 00:00| 🌁| Comment(18) | TrackBack(0) | お店紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。