2007年12月28日

2007年も相模大野にお世話になりました!

あっという間に2007年も終わり!
相模大野の街や人々には本年も大変お世話になりました〜!

TANTO正月01_WEB.jpg

この記事を書いている今日 12月28日で仕事納めという方も多いんでしょうね(^_^)
「年末年始も仕事じゃぁ〜!!仕事納め?そんなの関係ねぇ!!」という方たちからの声も
あちこちから聞こえてきますが(^^;;
まあ、一応 仕事納めと言うことで(笑)

つ〜か、いつの間にかクリスマス終わっちゃってるし(涙)
な〜〜んにもクリスマスらしいことできなかった・・・(ノ_-;)ハア…
せめて大晦日は日本人らしいことをしたいもんだ!
年越し蕎麦を食べた後に、コタツに入ってみかんを食べながら紅白歌合戦を見て、
除夜の鐘の音が聞こえ始めたら近所のお寺に行って・・・などなど。
(↑大抵どれも実現してないんだよねぇ〜ここ最近の年越しでは)

なんかグチグチ書いちゃいましたが、

みなさま良いお年を〜!!!

(=⌒ー⌒=)ノ~☆・゜:*:゜来年もよろしくお願いしますね゜:*:゜・☆ヾ(=⌒ー⌒=)
posted by おいら(妄想の貴公子) at 09:08| ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

2007年 相模大野のクリスマス!

merry christmas!!

2007_Xmas_9135.jpg


2007_Xmas_9105.jpg

みなさま楽しいクリスマスをお過ごしください。

2007年12月24日

おいら



posted by おいら(妄想の貴公子) at 10:55| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

やっぱ いいわ!海福(海福雑貨)!!

以前からその店の噂は耳にしていた。
相模大野からは少し離れているけど、こじんまりとした とってもステキな雑貨店があるよ!!」

行ったことがある人たちから店内の雰囲気やオーナーさんの印象を聞くにつれ、高まる期待。
でも 今まで機会が無くて、ずっと訪れられないままでいたのだ。

先日 12月の忙しい時期ではあったが、どうしても行ってみたくなって、その雑貨店を訪ねてみた。

umifuku33T.jpg

その時の感想は一言で表すと・・・
「やっぱ いいわ! 海福!!」
(↑某カメラメーカーの宣伝でキムタクが言ってるセリフと同じ調子で読んでね!)

っていうことで、今回は海福雑貨さんを紹介したいと思う。

umifuku05Y.jpg

五時をまわると、あたりはもうすっかり暗い。
相模大野から行幸道路沿いを小田急相模原方面に向かい、豊町南文化センターの交差点を左折。
小田急線の高架下をくぐって、東林間二丁目を右折。
3つめの路地を左に入ると見つかる・・・かな?(笑)

umifuku12T.jpg

ここが海福雑貨さん。
閑静な住宅街の一角に・・・っていう表現は良く聞くのだが、本当に周囲は普通の住宅街だ。
今回おいらは車で来たので、相模大野からここまで5分程度だが、自転車なら15〜20分程度だろうか。
暗くなってから訪ねたおかげで、思ったよりもすぐに見つけることが出来た。
なにせ周囲が普通の住宅街だから、お店らしい灯りがあると凄く目立つのだ。

umifuku13T.jpg umifuku14T.jpg umifuku15T.jpg
(↑写真はクリックで拡大します)

お店の中に入る前に、とりあえず外から中を覗いてみる。
暖かい光が中から漏れてきてマッチ売りの少女気分になってきた(笑)

umifuku04Y.jpg

umifuku10T.jpg umifuku17T.jpg umifuku09T.jpg
(↑写真はクリックで拡大します)

お店の中はこんな感じ。
決して広いとは言えない店内は、かわいい雑貨や用途はわからないけどステキなモノでいっぱいだ。
居心地の良い空間で、すっかり気に入ってしまった(#^.^#)

umifuku08T.jpg

お店に入ってすぐ目に付いたのがこれ。
バイクに乗った人のイラスト・・・。個人的に好きな作品だ〜。
あとで詳しく述べるが、これは店主の遠藤和海さんの作品(地図絵)でもあるのだ。
遠藤さん自身バイク乗りで、店の前に置いてある黒いバイクは彼の愛車だ。

umifuku01Y.jpg umifuku03Y.jpg umifuku02Y.jpg

umifuku19Y.jpg umifuku21Y.jpg umifuku18Y.jpg
(↑写真はクリックで拡大します)

海福雑貨「ものづくり」に携わる、さまざまなジャンルの作家さんたちの作品を扱っていて
店内にはたくさんのアーティストさんたちの作品が並んでいる。
作品の方向性や色使いなどはそれぞれ異なったテイストではあるのだが、不思議なことに
海福雑貨さんの店内にあると、妙に馴染んでいて ある種の統一感さえ感じられる。
これも海福ワールドの持つ抱擁感のなせる業か・・・。

umifuku30T.jpg

お馴染みのheartちゃんもいた(^_^)

umifuku35T.jpg umifuku34T.jpg umifuku32T.jpg

umifuku31T.jpg umifuku29T.jpg umifuku26T.jpg
(↑写真はクリックで拡大します)

上の写真下段中央の”いつでも おさんぽマップ”は相模大野小田急相模原東林間にある
様々なジャンルのお洒落なお店10店が共同してつくった お店紹介マップだが、ただの紹介だけで
終わらずに、今回はスタンプラリーも開催しているとのこと。

海福雑貨さんも勿論その10店に入っているのだ。

ちなみに10店を周ってスタンプ集めると、全店共通でサービスが受けられるお得なチケットをプレゼント
してもらえるそうなので、チャレンジしてみては?

umifuku23Y.jpg

海福ロゴをあしらったTシャツ。
なるほどそう言えば店主の遠藤さんに似ているかも(笑)

umifuku24Y.jpg umifuku22Y.jpg umifuku25Y.jpg

umifuku07T.jpg umifuku27T.jpg umifuku28T.jpg
(↑写真はクリックで拡大します)

店主の遠藤さんは雑貨店のオーナーでもあるが、同時に地図絵という独特のジャンルのイラストを
描いているイラストレーターでもある。

この地図絵をどういうふうに説明してよいのか分からないが、街を上空から見下ろしたように
イラスト自体が架空の街の地図のようになっていて、道路や河、橋、公園なども存在している。
上の写真 上段左の写真を見ていただければ理解してもらえるだろうか。

umifuku36T.jpg

今回 話を伺って、非常に驚いたのだが、遠藤さんはこの店で寝起きしているらしく、閉店後は
上の写真に写っている白いソファをベッドにしているとのこと・・・。
でもこの店 トイレはあるけどお風呂は無いけど・・・(^^;;
ちょっと突っ込んでみたところ、お風呂は近所にある実家に入りに行ったり、スーパー銭湯に
行ったりしてすませているらしい。
それにしてもソファで寝るなんて辛くないんだろうか?
くれぐれもエコノミー症候群にならないように注意してくださいよ!

umifuku20Y.jpg

上写真は店主の遠藤 和海さん。
1982年生まれの25歳。
なんとなく小動物系のかわいいイメージだ。
優しい人柄が店内、作品、そしてご本人から良く現れてるなぁ。

顔写真をブログにアップされるのはOKなのだが、カメラを向けられると どうしても緊張して
表情がこわばってしまうと言うので、レンズを意識しないように鏡に映った姿をパチリ。

umifuku16T.jpg

この海福雑貨さん とてもステキなお店だし、店主の遠藤さんもとても魅力的な方なので、
相模大野のみなさんにも是非足を運んでいただきたいなぁ〜!

そうそう!
重要なことを言い忘れるところだった!!
海福雑貨さんは土日のみの営業なので、平日に行かれてもお店はやってませんので
注意してくださいね!


海福雑貨

〒228-0811 神奈川県相模原市東林間3-18-3 1F 

TEL/FAX: 042-856-3337
営業時間:11:00-19:00 土日のみ営業
E-Mail: mail@umick.com
HP:http://www.umick.com/index.html

*写真は撮影者の好みで少々オレンジ色を強めて撮影しています。

posted by おいら(妄想の貴公子) at 15:03| 🌁| Comment(22) | TrackBack(0) | 相模原広域版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

相模女子大同窓生が綴る母校の歴史「軌跡」

前にもブログで触れたことのある
相模女子大の同窓会 翠葉会から、同窓生が綴る母校の歴史軌跡
発刊されることとなった。
制作の過程でちょっとだけお手伝いさせていただいたおいらは、
一足早く「軌跡」を入手することができた(^^)

内容は一言で言うと、戦争前後の20年ほどの間に相模女子大(旧 帝国女子専門学校
在籍したOGの方に当時を振り返ってもらい、それを文集にしたものだ。

今回はその「軌跡」を紹介したいと思う。

IMG_8938WEB.jpg

相模大野でブログのネタを拾いながらぶらつきはじめたのが
2005年の7月20日だから、もう2年半がたとうとしている。

相模大野について記事を書いていると、何かの節目には相模女子大
話題が出てくるような印象がある。
それほど相模女子大大野にとって欠かせない存在なのだろう。
というより、ある意味 相模大野相模女子大門前町(←神社仏閣じゃないけど)
としての存在だったりして(笑)
でも、そうは言うけど当初 相模女子大のことはそれほど意識したこともなく
ただの一女子大としての認識しかなかった。
自然あふれる広いキャンパスがあって、通学時には可愛い女子大生さんが
たくさん歩いていて、華やかでいいなぁ〜程度のもの。
(本音:できればお近づきになりたいけ〜どね〜!ポカッ! (._+ )☆ヾ( ̄ヘ ̄; ) )

ところが縁あって、「軌跡」の制作のお手伝いをさせていただく機会があり、
相模女子大が歩んだ歴史や、卒業生の方たちから送られてきた当時の想い出を
語った手紙や、多少色褪せてしまってはいるが懐かしい写真の数々を
目にしてからというもの、相模女子大はおいらの中でイメージアップしまくりなのだ!
例えて言うなら、地味で目立たない同級生の女の子が、めがねを外したら
実はすごく綺麗だった!
・・・みたいなw(*゜o゜*)w
(↑え〜!非常に軽薄で不適切な例えで申し訳ございません<m(__)m>)

IMG_8917WEB.jpg

今回おいらがお手伝いした部分は、OGから貸し出された学園生活の想い出の写真を
スキャニングしてデーター化することだったのだが、このセピアに変色しつつある
モノクロームの写真たちがどれもみな素晴らしくて、思わず見入ってしまった。
当時撮影された写真は、写真職人が撮影したのであろう、技巧的にもかっちりと
撮られた見事なもので、奥行きが深く1枚1枚の発する重みが全然違う感じで、
個人的に学べる部分が非常に多かったのだ・・・。
(残念ながら、おいらでは絶対撮れないようなものだと再認識させられた:泣)
この写真もいいなぁ〜!これもはずせないなぁ〜!
などと必要以上に見入っていたので、当初予定していた作業時間が大幅に遅れてしまい
急いで下さいと泣きつかれる一幕も・・・その節は大変失礼しました〜(^^;;

IMG_8927WEB.jpg IMG_8922WEB.jpg IMG_8914WEB.jpg

また想い出の写真と一緒に同封されていたOGからの学園生活の想い出をしたためた
手紙の内容はすばらしく、達筆で格調高いのだが非常に読みやすい文章は
OGの方々の教養の高さをうかがわせるものがあった。

改めて文集になった状態で読んでみたのだが、戦前、戦中、戦後の大きな激動の
時代を学園で過ごしたOGたちそれぞれの想い出は、一つの学校の卒業生で
ありながら、こうも異なるものなのだなぁとびっくりしてしまった。

IMG_9551WEB.jpg IMG_8929WEB.jpg

特に東京 大塚にあった相模女子大の前身である帝国女子専門学校キャンパスが
昭和20年4月に空襲により被災し、学園を形成していた帝国女子専門学校
日本高等女学校静修女子商業学校の全校舎と7つの寮を焼失してから、
拓殖大学をはじめとする様々な学校に間借りする形で転々としながら教育を続け、
現在の相模大野の地に落ち着くまでの苦労を書いた想い出には深い感銘を受けた。

またそんな大変な状況の下、戦後 相模大野に移転してから、食料の調達に苦労しながらも
ほがらかに暮らしていた様子や、ステキな女性教師に対する憧れや
ダンスパーティーなどに心ときめかしたエピソードなどを読むとほほえましく、
年上の女性に対して大変失礼だが、か〜わいい〜っ!て思ったり・・・(*^。^*)

IMG_8946WEB.jpg

IMG_9551WEB.jpg  今回実家の椅子を使って、卒業生の方からお借りした
  卒業アルバムをイメージ写真風に撮ってみたところ、
  上のように使ってもらっていた。
  この他にも表紙に今年の春に撮影した百年桜の写真を
  採用してもらったり、現在の相模女子大のキャンパスの
  様子を写したものも使われていて嬉しいサプライズ!!
  (このブログにアップした写真も使われていた(^^;;)

  でも当時撮影されたモノクロ写真の素晴らしいのを
  見ちゃうと・・・まだまだだねぇ
 (↑テニスの王子様 越前りょうま風に)

  おいらも生き方からシャンとせねば・・・
  修行が足りないって感じだな @(;・ェ・)@/反省…
  いつか、読んで、見て、背筋がピンと伸びるような、
  そんな文章を書いたり、写真を撮ったり
  できるようになりたいなぁ・・・。


・・・と、ここまで長々と書いてきたが、さすがに内容が濃すぎて十分に書ききれないので
このへんで止めておくが、昔の相模大野の雰囲気を知ることができる資料としても
非常に貴重な文集だと感じた。

IMG_8940WEB.jpg

この「軌跡」本当に内容が素晴らしいので、
相模女子大のOGの方だけでなく、相模大野に住んでいる人たちや、
戦前から戦後にかけての資料を必要とする方に広く開放していただきたいなぁ〜と思う。

相模女子大同窓会 翠葉会の関係各位のみなさんには一般への販売も
是非是非 検討していただきたいです!
よろしくお願いしま〜す!

軌跡」についてのお問い合わせ

相模女子大学同窓会(翠葉会)事務局
042−742−1737



お礼


うさぎ びいき2羽のうさぎ TORINOとTANTO

TANTO_1379WEB.jpg 今回このような親ばか展示会ができたことを感謝しております。
 これもひとえに、お忙しい中足を運んでいただいた方々と、
 narucocafeさん、そして可愛いTORINOTANTOのお陰です!
 (↑でたっ!!ただの親ばか┐(-。ー;)┌ヤレヤレ)
 また記事で取り上げていただいたタウンニュースさまや
 町田経済新聞社さま、ブログ等で紹介していただいた皆様にも
 深くお礼申し上げます。
 今週12月14日(金)までとなりますので、お時間がある方は
 是非いらしてくださいね!

naruco cafe

相模大野5-27-12 東屋ビル2F
phone/fax:042-745-0037
Open:11:00〜21:00  
Close:火曜日                   
HP:http://www.narucocafe.com/

 <お願い>
 カフェなのでお一人様1オーダーをお願いします。

posted by おいら(妄想の貴公子) at 11:05| ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。