2008年03月06日

相模大野のゴジラの樹

南新町商店街をとぼとぼとあてもなく歩いていた時の話だ。

もう日が暮れようとしていた。
もう春はそこまで来ているというのに、どんよりとした曇り空から吹き付ける風はまだ寒い・・・。

なんとなく不安な気持ちでいたせいだろうか・・・。
なにか恐ろしい何かの気配がして前方に視線を向けた!
すると商店街を過ぎた向こう側、まっすぐに続く道の先に、
いきなり巨大な怪獣のシルエットが浮かび上がった!!
・・・ような気がした(笑)

よくよく見ればなんてこともない、ただの大きな樹じゃん(*^。^*)

Godzilla_8983WEB.jpg

これがその樹だ。
薄暗い空の下で見ると、まるで巨大な怪獣のようなに見えないだろうか。
じっと見てみると、あの懐かしのキャラクターの姿が浮かび上がってきた。

Godzilla_8985_WEB.jpg

そう!懐かしのゴジラだ!

ね!ゴジラに見えるでしょ!
まるでうずくまって、キングギドラとの戦いで傷ついた前足を舐めているようにも見える。
(↑なんか滅茶苦茶無理があるな〜(^^;; 大体そんなシーンが映画の中で登場していたっけ?)

Godzilla_8985N_WEB.jpg

おいらにはこんな風に見えるのだ!
(あ〜あ・・・いたずら書きしちゃって・・・・まったく┐(-。ー;)┌ヤレヤレ)

実際にはこの樹は、電線が触れないように枝をはらわれているので、ぽっかりと穴が
開いたようになっているだけなのだが、そのお陰でちょっとした不思議な風景が作り出されている。
緑が少ない相模大野の街では、こんなに大きな樹を目にすることは滅多にない。
個人宅の樹のようなのだが、これからもずっと残っていって欲しいなぁ!

これからはこの樹のことを「ゴジラの樹」と勝手に呼ばせてもらうことにした(*^。^*)
(↑怒られてもしらないぞ〜!)


3月になってようやく更新したブログ記事の第一弾がこんなんで良いのか?
しっかりしようよ・・・おいら。
ブログの先行きが不安だなぁ・・・。


posted by おいら(妄想の貴公子) at 00:00| ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 或る日の相模大野(路上観察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。