2006年11月09日

開かれたギャラリーを・・・相模大野ギャラリーサガン

みなさんがギャラリーに対して抱くイメージとは、どんなものだろうか?
たぶんおいらが感じているものと同じなのではないだろうか?
「なんとなく敷居が高くて入りにくいよ〜。」
「芸術作品を展示しているみたいだけど、芸術は良く分からない・・・。」
「絵画や陶芸作品は手が出ない値段だろうなぁ・・・。」
「お洒落していないと入りにくいわぁ。」
などなど・・・。

ついつい腰が引けてしまいがちになるのは良く分かる。
確かに一般的にギャラリーと言うと”ちょっと気取った雰囲気”そんな
イメージになってしまうのだが、全てのギャラリーがそうなのでは決してない。

例えば今回紹介するギャラリーサガンさんは、みなさんの持つギャラリーへの先入観を
払拭させてくれるのではないだろうか?

sagan_window04WEB.jpg

大野銀座を駅から5分ほど歩いたところに、ギャラリーサガンさんはある。

sagan_window05WEB.jpg

ギャラリーの名前になっているサガンは、あのフランス人女流作家の
フランソワーズ・サガン(代表作:悲しみよこんにちは)からとったと思うが
由来を聞いてこなかった・・・(涙)
(↑おいらは取材の際、いつも肝心な事を聞かないので有名だ。)

sagan_window01WEB.jpg

ウィンドウから中を覗いてみる。
暖かな光の中に沢山の作品が展示されている。

sagan_window02WEB.jpg

ギャラリーにしては(←これもおいらの先入観だが)人の出入りが頻繁にある。
不思議だなぁと思って、思い切って中に入ってみることにした。

その日(2006年10月22日)ギャラリーサガンさんでは
2006豊町文化展が開催されていた。

sagan_window03WEB.jpg

小さいお客さんが観覧にいらしていた(笑)
このことからも、ここがとてもアットホームな雰囲気のギャラリー
いう事がお分かりいただけるはずだ。

ここに展示されている全ての作品が、一般市民が趣味で創作している
ものだと聞いて正直驚いた。
市販されているものに見劣りしない品質なのに、趣味で作成したという
事でかなりリーズナブルな価格が付けられている。
(↑いや、むしろ趣味だから採算度外視でつくれるのかも・・・。)

sagan_window06WEB.jpg sagan_window09WEB.jpg sagan_window11WEB.jpg

sagan_window20WEB.jpg sagan_window19WEB.jpg sagan_window15WEB.jpg 
(画像はクリックすると拡大します)

見事なものだと思いませんか?
とても趣味でやっているとは思えない!

sagan_window13WEB.jpg

次々にお客さんが入って来て作品に見入っている。

sagan_window07WEB.jpg sagan_window08WEB.jpg sagan_window10WEB.jpg sagan_window16WEB.jpg

sagan_window12WEB.jpg sagan_window21WEB.jpg sagan_window17WEB.jpg sagan_window14WEB.jpg 
(画像はクリックすると拡大します)

絵画、陶器、工芸品など、とにかく様々な分野の作品が展示されていて、
充実している。
良い感じだ〜。

・・・ところで豊町の文化展って何なの?

もともと豊町の文化展は、南文化センターのスペースを利用して、豊町の住人の方々が
趣味で創作した作品を発表していた展示会であったらしいのだが、
最近 南文化センターが取り壊され、発表の場がなくなってしまったため、
ここギャラリーサガンさんで行われることになったらしい。

なるほど〜。
でも南文化センター取り壊されちゃったんだ。
このブログで紹介した石ころペインティングの会場はあそこだったよなぁ・・・。
跡地はどうなっちゃうんだろう?
ちょっと気になるので、今度じっくり調べてみようと思っている。

sagan_window22WEB.jpg

ギャラリーサガンのオーナーである安藤さんにお話を少し伺ってみた。

ギャラリーサガン相模大野で運営して今年で8年目になる。
1999年11月のオープン当初は、現在の場所から少し離れた所にあったらしいのだが、
3年ほど前に現在の場所に移ったとの事。

ギャラリーを始めた頃はスーツをバシッと着て(笑)、いかにもの雰囲気で
お客さんをお迎えしていたのですけど、相模大野のみなさんにもっと気楽に
素敵な作品を見て楽しんで貰いたいと考え、気軽に立ち寄れる明るい雰囲気
づくりを大切にしています。」

安藤さんはそう語る。

豊町文化展ギャラリーで展示する事だって、市民の交流の場として
どんどんギャラリーを利用して欲しいという気持ちの表れなのだろう。

創作する側の人間だって、一部の人だけでなく沢山の人に自分の作品を
見てもらいたいと思うはずだ。

気軽に立ち寄れる開かれたギャラリーは、これからアートの街を目指す
相模大野にとっても重要な存在であることは間違いない。

”本当に気軽に立ち寄れるギャラリーなんてあるの?”
そう疑われる方は、一度ギャラリーサガンさんを覗いてみて欲しい(笑)
安藤さんが明るい笑顔で迎えてくれるはずだ。

ギャラリーサガン
〒228-0802 神奈川県相模原市相模大野 6-18-11
TEL&FAX: 042-765-2908 (月曜・火曜定休)


ギャラリーサガンHPはこちら





posted by おいら(妄想の貴公子) at 11:45| ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素敵なギャラリーですね。オーナーさんも素敵なひと。この調子だと今月は五回の記事更新ですか?頑張って下さいV(^-^)V
Posted by 舞 at 2006年11月09日 18:28
はじめまして、タウンニュースから参りました。
私は報道を生業としております。
最初紙面で見た時は失礼ながら片手間でブログを更新しておられるのだろうと
高を括っておりましたが、ブログを拝見して正直驚きました。
かなり中に入り込んで記事を書いておられるのが分かります。写真に写しこまれた
人々や街並みの表情を見ても相当の時間を割いていなければ写すのは困難な
内容だと推測しております。
そこで大変ぶしつけな質問なのですが、どうしても気になる点が一つ。
それがこちらのブログの運営費の捻出方法についてです。
月に4回更新するとして、取材、撮影や画像の加工、文章の作成を考えると
月の半分がブログの作業で費やされてしまうのではないでしょうか?
そうなると人件費、テクニカルフィーで少なくとも数十万円の費用が
運営上で不可欠になるはずです。
しかしながら、こちらのブログを拝見する限り大手のスポンサーの
バナー広告等も見つからないし、アフィリエイトらしきリンクも見当たりません。
唯一考えられるのが、紹介した店舗からの広告費と
地方自治体や商店街からの費用提供なのですが、
その種の団体と直接関係の無さそうな記事も多々見られます。
実は以前同じような事を某地方自治体および商店街を絡めて
企画したことがあるのですが、費用捻出の部分で折り合わず
断念した経緯があります。
そういった意味で非常にこちらのブログの運営資金に関して興味があったので
初めてのコメント記入にもかかわらず長々と質問をぶつけてしまい申し訳ありません。
純粋な興味から生じたもので、他意はございません。
不愉快にお感じになられたとしたら本当に申し訳ございませんでした。
不適切な内容と判断されたなら遠慮なくコメント削除していただいて一向に構いません。

これからも貴殿のますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。
Posted by まさき at 2006年11月10日 01:12
舞さん どうも!
オープンなギャラリーの存在はこれからの相模大野に
ぴったりだと思います。
・・・それにしても5回って・・・汗
う〜〜〜ん・・・今月は木曜日が5回ありますが、
できるかどうかですねぇ・・・。

まさきさん どうも!
ウッ・・・・・・・!!!!!
鋭い質問ですねぇ。
実は取材先のお店から、どうやって運営しているのか?と
尋ねられたときがあります。
その点を店から尋ねられたという時点で既に
お分かりかもしれませんが、取材先のお店から
広告費などはいただいておりません。
だから正直ゆとりは全くありません(苦笑)
そのうちスポンサーを探したいとは思ってますが・・・。
・・・すみません!!ですから資金の確保の面では
全く参考にはならないと思います。

また気が向いたらこのブログの様子を見に来て
やってくださいね。
Posted by おいら at 2006年11月10日 09:41
地域の文化祭をギャラリーを借りてやるなんて、
素敵じゃないですか!
それにしても、渋い、通好みのカフェのようです。
おいら写真展、次はここを借りるのですか???
Posted by ぽんちゅる at 2006年11月10日 11:11
ぽんちゅるさん どうも!
みなさんが立ち寄れる地域密着型のアットホームな
ギャラリーで良い雰囲気ですよ〜。
それにしてもカフェと言われればそんな雰囲気の
建物かもしれませんね。
言われて初めて気付きました!!
Posted by おいら at 2006年11月10日 14:25
ギャラリーに一度も行ったことありません(==)

何となく敷居が高い感じでおいらさんがおっしゃるとおりに敬遠していたのかも知れないです。

こちらのギャラリーさんならば行ってみたいと思います。
Posted by shinsuke at 2006年11月10日 23:26
shinsukeさん どうも!
それこそ喫茶店に入るような気分で行けそうです。
何かしら催し物があるので、そのタイミングで
入ると良いかもです・・・。
Posted by おいら at 2006年11月11日 09:50
昨日はどうもー。ばれてしまいました!
卒論であまり寝てなかったのでボロボロでちょっと恥ずかしかったです(笑)

ポストカードすてきです。XIVバージョンのを買って、バイト卒業した人たちに送ってみようかなと思いました☆

またいらしてください!カフェオレ用意して待ってます。
Posted by りえむ at 2006年11月12日 19:47
りえむさん どうも!
卒論とバイトで大変ですね〜。
キャトルズでオーダー聞きに来てくれた時に
たぶんそうだろうなって思ったのですが、
違ってたらどうしようと思ってドキドキしましたよ〜(笑)

ポストカード気に入ってもらえれば嬉しいです。
またカフェオレ飲みに伺いますね。
Posted by おいら at 2006年11月12日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。