2006年11月30日

銀座(大野銀座だよ〜!)の夜の物語

久しぶりに夜の銀座にくり出した。
やっぱり銀座はいいなぁ〜!(*^-^)

おいらが会社勤めしていた頃は、まだバブルの名残があって、
当時20代の若手社員だったおいらも、接待要因として夜の銀座に
繰り出したものだ・・・。
華やかなネオンライトに照らされた綺麗なお姉さん達が、ミンクのコートを
派手なドレスの上にはおって“うちのお店は一流なのよ〜!
あなたも早く偉くなって飲みにいらっしゃい!!”
的なオーラを
漂わせながら通りを闊歩していたっけ。

あ〜!何もかもが みな懐かしい・・・。(遠い目)
(↑このセリフ宇宙戦艦ヤマトの中の印象的なセリフからの引用です。
松本零士さんおいらのことは訴えないでね:笑)


_MG_6507n1.jpg

まあ前置きばかり長くなっても仕方ないので、
ここら辺で軌道修正することにしよう。

久しぶりに夜の銀座にくり出した”と言っても、既にタイトルから
お分かりだろうが、あの東京銀座を指すのではなく、相模大野駅前の
大野銀座の事だ。

_MG_6501n1.jpg

銀座と言う地名はとにかく人気があって、どこの地方に行っても 街の中に
必ず○○銀座が存在すると言っても過言ではない。
(会社員時代に出張でほぼ日本全国を訪れたが、ある一定の規模以上の街には
○○銀座と呼ばれる繁華街が存在していた。そして大抵の場合、その街で
最初に発展した商店街が銀座の名称を獲得していたような記憶がある。)


それにしても何故なのだろう?の方が一般的に流通価値は高いのだが、
金座ではなく銀座が繁華街の象徴としての地位を築いている。
由来について語り始めると、日本史の本を取り出して検証する必要が
ありそうなので(。>0<。)、また別の機会にとっておくとして・・・。

要するに何が言いたいのかというと!!

「地元銀座は街の元気度のバロメーターなんだ!」ってこと・・・。 

_MG_6500n1.jpg

みなさんお分かりの事かもしれないので、今更語るほどの事では
ないのかもしれないが、これは本当の事じゃないかと思っている。
街の元気度は、地元銀座の賑わいをみればすぐに分かるのだ・・・。

おいらがメーカーの営業マン時代、地方都市に出店する際には出店先の
百貨店やスーパーだけでなく、地元銀座の状況を調査確認するように
上司から命じられていた。

_MG_6510n1.jpg

「なんで?出店するのは大型店舗内だし、地元商店街は関係ないじゃん!」
正直そう思って、
ある時 上司(自称小林稔侍似 当時51歳)に質問したことがある。

「地元銀座が賑わっていない街は、住民の街に対する愛着が少なく、
世代毎に情報の申し送りができていない。
そういう街はいずれ元気が無くなってしまうものだ・・・。
だから地元銀座が活気が無いような街では、今後 競合新店舗が近隣に
オープンしたとたんに、客が流失してしまう可能性が高いんだ。
今回 出店したのが新しく出来た大型店舗の中だからといって決して安心はできないんだよ。
長く商売を続けたいなら、地元銀座の客を奪うのでは無く、一緒になって街を
活性化していかなくてはいけないと思う。
地元銀座に元気がある街では、良い顧客をつくれるはずだから、
そういう街にこそ出店すべきなんだ・・・と思うんだなぁ・・・僕ぁ。」


そう言えば、こうして渋く語ってくれた上司も、
既に寂れてしまった地方小都市の出身だったなぁ・・・。

この時に上司(くれぐれも小林稔侍似)から聞いたことは今でも忘れられない。


今回 そんな事を思い出しながら、夜の大野銀座を歩いていた。
いつも見ている昼の表情ではない、夜の大野銀座が見てみたかったのだ。

_MG_6511n1.jpg _MG_6499n1.jpg _MG_6505n1.jpg _MG_6513n1.jpg
(↑写真はクリックすると拡大します。)

まだ人通りも充分で、魅力的なお店も多い。
買い物かごを下げた主婦の方や、仕事帰りの方々が日常の買い物を
している姿も大勢見受けられる・・・。
自動販売機の前でジュースを飲みながら、何事か語り合う子供たちの
笑い声が響く・・・。

_MG_6497n1.jpg

見上げるとまん丸の月が出ていた。
こんな夜は、夜の街をそぞろ歩きをするにはもってこいだ。

写真を撮影したのは、客の引けが早いはずの日曜日の夜だったのだが、
予想以上に人通りが多くて内心ほっとした。
(かえって昼よりも活気があったりして:笑)

これも大野銀座商店街のみなさんの不断の努力や、前向きなアイディアを
活かした活性化施策が実を結んでいるからなのだろう・・・。
常に魅力的な商店街づくりは大変な困難を伴うと思うが、相模大野の魅力を
どんどん高めていくためにも、これからも大野銀座の頑張りには期待したい!!

_MG_6502n1.jpg

多くの店がシャッターを降ろしてしまい、さすがに人通りが少なくなってきたタイミングで
パチリ・・・。
自転車で家路に向かう男性の後姿が写りこんでいた。

夜は夜でなかなか良い感じだなぁ・・・大野銀座・・・。



posted by おいら(妄想の貴公子) at 16:00| ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夜の風景はまた別世界のようです。
小林ねんじさん似の上司の方素敵だと思いました(笑
Posted by miぽ at 2006年12月01日 10:30
私も「おいらさん」が行った前日に夜の大野銀座を通り、
昼間とは随分と趣が違うなぁって、妙に感慨深げに思ったところです。

私は最近このブログの存在を知り、拝見しておりますが、
「おいらさん」は大野在住の方ですか?

地元民として、楽しみにしています♪
Posted by RIWO at 2006年12月01日 12:38
小林稔侍さんが笑っていいともに明日ゲスト出演されるみたいです。
テレビ見終わってこちらに来て見たら既に先取りで話題になっていてビックリ。
おいらさんは笑っていいとも関係者だったりしませんよね???
Posted by 舞 at 2006年12月01日 13:07
miぽ さん どうも!
夜の大野銀座はなかなか風情がありましたよ!
小林稔侍似の上司は人間的にも魅力的な人でした。
今はどうしていらっしゃるのかなぁ?

RIWOさん どうも!
おおっニアミスですね(笑)
私は残念ながら大野在住では無いのですが、
頻繁に大野をぶらついております(笑)
もしかしたら住民の方以上に・・・かも?
またこのブログにも遊びに着てください。
お待ちしております。

舞さん どうも!
おおっ!まさにピッタリのタイミング!
奇遇ですね〜。
でも明日は土曜なので、笑っていいともは
月曜日出演ですよね!
ご指摘の通り、おいらは「笑っていいとも」の
スタッフなので詳しいんです・・・。
(↑まるっきり嘘です。全く関係ありません:笑)
Posted by おいら at 2006年12月01日 14:28
さてと。
今日もお勤めお疲れ〜さま。
ちょうど写ってるあたりには、
新潟アルビレックスのファン御用達の店“ほがらか”があります。
気さくで楽しい大衆酒場ですよ!
Posted by かえろかな at 2006年12月02日 19:07
おいらさんどうも!(~|~)\お初です。
今年の忘年会は大野銀座で行きましょうかねー。
なんか写真を見ていたらそんな気分になりました。
Posted by xyz2142 at 2006年12月02日 22:50
かえろかなさん どうも!
お仕事お疲れ様です。
”ほがらか”今度チェックしておきます(笑)

xyz2142さん どうも!
忘年会は大野銀座のお店でよろしくお願いします!
ばったり店で逢ったりしたらよろしくお願いしますね(笑)
Posted by おいら at 2006年12月02日 23:15
「しかっし汚い街だよな」というのが私のいつもの印象です。
近頃カラスもうるさいし・・。
しかし、おいらさんのカメラを通してみると、そうでもないですね。

写ってる近辺は、もうすぐ開発で消えてしまう景色が多いので
貴重なワンカットということになるかもしれませんね。
Posted by 三丁目 at 2006年12月03日 17:09
はじめまして。
夜の街をスローシャッターで素敵な雰囲気に切り取
られていらっしゃいますね。さすがに手持ちは無
理でしょうから三脚を使われていらっしゃるで
しょうから三脚を立てて撮影するとジロジロ見られて撮
りにくくなりそうで怖いです。でもこうして人の動き
まで写し込むことができるのは楽しそうです。私
は某大学で写真を勉強しておりますが卒業作品の
テーマは夜の街並みからと考えておりますので、
また夜の街並みを写して見せてください。次回も
楽しみにしています。
Posted by カエデ at 2006年12月03日 18:03
三丁目さん どうも!
あまり綺麗過ぎると味が無いかもしれませんよ。
失ってからはじめて分かる懐かしさみたいな
雰囲気が大野銀座周辺にはありますよね!

カエデさん どうも!
おおっ!大学で写真を勉強されてるんですね?
今度是非レクチャーお願いします(笑)
この写真は実は三脚は使用していません。
ギリギリのシャッター速度で手振れしないように
撮っています・・・。
正直疲れているときには無理ですね(笑)
卒業作品の成功をお祈りしています。
また遊びに来てくださいね!
Posted by おいら at 2006年12月03日 20:40
駆け込みでキャトルズ行きました。
写真も店もいい雰囲気だったと思います。
明るくてさりげない、とてもいい写真展でしたね。こうして画面で見るのとは一味違う楽しみが味わえました。
Posted by ろくぞー at 2006年12月03日 21:00
あの通りは、地面が生ごみで激しく汚れている場所があったりして、ちょっと三脚は置きたくない所もあるんですよね〜? 再開発後は、どうせならきれいなよい街になってほしいなぁ、なんて思っていたら、この写真。なるほどです。写真はこういう訴えかけも出来るんだね?なんて見方は行き過ぎですかね。
Posted by ぽんちゅる at 2006年12月03日 21:11
大野銀座、先週のさがみはらの広報誌で
開発地域になっていましたね〜。
橋本、小田急相模原、相模大野と大型の開発
が続くそうです。
大野銀座はあの路地感覚が好きなんですけど、
どんな感じになっちゃうんでしょうかね?
Posted by コバヤシタカコ at 2006年12月03日 22:56
ろくぞーさん どうも!
キャトルズ見に行っていただいたんですね!
有難うございました。
プチ写真展ではありましたが、多くの人に
見ていただけたようで嬉しく思っています。

ぽんちゅるさん どうも!
再開発後は近代ビルが建って、この風景の
面影も無くなってしまうと思うと、ちょっと
寂しい気がします。
今のうちに写しておくことにします(笑)

コバヤシタカコさん どうも!
大野銀座の路地感覚は個人的に好きなんで、
無くなっちゃうのは惜しい感じがします。
どんな雰囲気になるのか楽しみではありますが。
Posted by おいら at 2006年12月03日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。