2007年03月14日

ちょっとモノクロ・・・相模大野

突然 雲の切れ間から射しこんだ強烈な太陽の照り返しのせいで、
ファインダーごしにアスファルトを睨んでいた目がくらみ、
相模大野の街が一瞬色を失ったように見えた・・・。

しばらくはモノクロの世界の中。
目がもとどおりになるまでに少し時間がかかった。

モノクロの街の風景は、まるで異国のように見える。
この異次元感覚・・・悪くないなぁ。

そうだ!モノクロ相模大野の街はどんな風に写るのだろう?
・・・と言うわけで偶然の産物ではあるが、今回はモノクロ
街を撮ってまわってみることにした。

mono_0002.jpg

伊勢丹の前をゆっくりと走り去るアメ車の後姿。
モノクロにしてみると、古いアメリカ映画の1シーンのように見えないでもない。

monoY_0011.jpg

青空と白い建物の強烈なコントラストが、モノクロだとこんな感じ。
でも、不思議なことにじっと眺めていると、色が見えてくるような気がするのは
人間の持つ想像力、記憶力のなせるワザだろうか?

mono_0009.jpg

こんな風に時折差し込んでくる太陽の光を、まともに目に受けると大変だ。
実は春や冬でも、空気が澄んでいる時には、夏以上に紫外線が強烈だったりもする。
用心しなくては。

mono_0003.jpg

さすがにこの写真からは分からないだろうが、この建物は色あせたグリーンの
外壁を持つ。
現在は廃墟になってしまっているこのビルも、やがては再開発で取り壊されてしまう。

monoY_0015.jpg

上の写真の廃墟ビルの正面はこんな感じ。
駅前からすぐの、こんな一等地が取り残されているのは不思議な光景だ。

mono_0010.jpg

旅先から戻ったのだろうか?
重そうなスーツケースを転がしながら、撮影しているおいらの横を通り過ぎる女性。
お帰りなさい!!(」´0`)」 

monoY_0014.jpg

廃墟の一角に積み上げられた廃棄物の山。
2、3日後に通りかかった時には既に片付けられていた。
SOLEIL(ソレイユ)は確かフランス語太陽とかヒマワリの意味だったと思う。
廃墟になってしまった今となっては虚しい・・・(ー。ー)。

mono_0001.jpg mono_0004.jpg mono_0005.jpg mono_0007.jpg
(写真はクリックすると拡大します)

別にどうってことのないショットばかりだが、モノクロにすると何故か意味ありげ。
色が無いほうが逆にイマジネーションが掻き立てられるかも・・・。
不足分の情報を補おうとする力が働くのかもしれない。
(↑勝手なこと言ってらぁ!!)

mono_0006.jpg

懐かしいサトちゃんのムーバー。
久しぶりに乗ってみたかったが、警察でも呼ばれると困るので、泣く泣くあきらめた。
このサトちゃんムーバー、今でももちろん現役だが、モノクロで写すと
昔撮った写真みたいに見える(笑)

monoY_0017.jpg

捨てられていた消火器
一瞬ペンギン?の人形かと思った・・・。
(↑かなり無理があるなぁ・・・いいんだけどさぁ・・・)

monoY_0016.jpg monoY_0012.jpg
(写真はクリックすると拡大します)

ここら辺一帯は再開発でどうなっちゃうんだろう?
やっぱり無くなっちゃうんだろうか?

monoY_0013.jpg

モノクロ写真とは関係ないけど、こうしてみると相模大野もビルが多いなぁ!!

mono_0008.jpg

このフグの絵は味わいがあって好みだ。
モノクロにしてみたけど、もともとが水墨画風の絵なので
あまりイメージが変わらなかったりする(笑)


あ〜!このブログで初めてモノクロ写真使ったよ(^◇^;)
最初で最後の試みだと思うけど、勇気要るよなぁ〜(汗)




posted by おいら(妄想の貴公子) at 02:21| ☀| Comment(19) | TrackBack(0) | 街の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に色が見えてくるようなのが
不思議ですね・・・
でも、美しいです。^^

ちょっと人間以外の生き物になった
気分になりました♪
Posted by coniglia at 2007年03月14日 04:04
書道が趣味の私から。書作品の見方の一つとして「白」の美しさがあげられます。とかく「黒」い文字に目が行きがちですが、空間の白が、いかに綺麗に見えるかが大事なのです。そういった観点で、おいらさんの作品は、とても白が生きている良い作品だと感じます♪モノクロにも自信を持たれてよいと思います。ところで17日土曜日、上京し、東方美人にてランチする予定です。その際、店主さんに、おいらさんへの粗品程度のご当地名産をお渡ししておきますので、時間のある時、受け取りに行って下さいね♪
Posted by ちゃーしゅー小力 at 2007年03月14日 07:14
お久しぶりです。卒業しました。
江古田にはもう行くことは無いのかと思うとちょっぴり寂しい気分でいます。
直接写真とは関係の無い仕事につくことになりそうですが諦めずに撮り続けてゆきたいと思います。
アシスタントが必要な際には是非お声をかけていただきたいです。
それでは今後もおいらさんのブログを拝見するのを楽しみにしております。
気候の変わり目で体調を崩されませんようにご自愛下さい。
Posted by カエテ at 2007年03月14日 09:29
今回のはインパクトありますねぇ。
じっくり眺めてしまいました。
人気の無い場面ばかりなのは、偶然かもしれませんが、
そのせいで街の息遣いが聞こえてきそうに見えます。
Posted by ぽんちゅる at 2007年03月14日 09:34

モノクロ・・陰影のコントラストが奥深さを感じさせ、

一気に時代をさかのぼり、
当時の生活の音が聞こえてくるようです。

大野にもペンギンがいたんですね( *´艸`)クスッ♪
Posted by RIWO at 2007年03月14日 10:45
アメ車のモノクロ写真シブイッ!
Posted by subarumania at 2007年03月14日 20:38
conigliaさん どうも!
確か犬には世界が白黒に見えているとか言う話を
聞いたことがあります。
(実際にはどうなんでしょうね〜?)
ウサギはどうなんだろ・・・?

ちゃーしゅー小力さん どうも!
なるほど〜余白の白の美しさが書作品の決め手
なんですね〜!
確かにモノクロ写真にも通ずるものがあります。
頑張って勉強します。

それと、ついにこちらに来られるのですね!
東方美人さんでランチですか?いいですね〜!
でも御心遣い頂いて却って恐縮です。
お気持ちだけで充分ですから〜(*^-^)

カエテさん ご卒業おめでとうございます。
素晴らしい才能を生み出し続ける大学で勉強されて
いたんですねぇ〜!
こちらこそ今度アシスタントさせてください!

Posted by おいら at 2007年03月14日 23:33
こんばんは〜
まだ例のツルの件聞いてないんです先日、新町の米屋さんに聞きそこなって・・・
今度は必ず聞いてみます。ところでモノクロもなかなかいいなぁ。おいらさんの言うように古き時代のアメリカみたいだねカラー画像もいいけど・・しっとりと見させていただきました。相模大野も段々と都市化してきたかな?。今晩もほんとに寒い夜なので、おいらさん風邪を引かぬように・・・
Posted by daisy at 2007年03月14日 23:35
ぽんちゅるさん どうも!
モノクロにするとまた違った趣がある街なんだなぁ
って改めて感じました!

RIWOさん どうも!
情報が少ないことで、却って色々と想像できる
こともあるのでしょうね〜!
記憶の中の色彩は実物よりも鮮やかな気が
します。

subarumaniaさん どうも!
古いアメ車ってモノクロが似合いますよね〜!
今度機会があったらスバル車でも挑戦して
みますね(*^-^)


Posted by おいら at 2007年03月14日 23:37
daisyさん どうも!
ツルの件引き続きよろしくお願いします(笑)

モノクロでブログアップするのは非常に勇気が
要りまして・・・。
たまには良いかなぁと思い切ってアップして
みましたが、ドキドキでした(*'-'*)
daisyさんも風邪などひかれませんように!
Posted by おいら at 2007年03月14日 23:47
こんにちは。大野在住4年超になります。
大野のブログを見つけてびっくり。かなり楽しみにしています。勇気を出してコメントしてみました。

いつも通っている道がモノクロで!なんか超興奮しました。違く見えるし!味があるし!外国の風景の絵葉書みたいです!
どの記事見ても知ってる風景ばかりで、でもこのブログ見ていると大野が好きになりますo(^o^)o
これからもずっとチェックします!
Posted by アロハ at 2007年03月15日 23:35
アロハさん どうも!はじめまして!
コメントありがとうございます。
このブログを見て大野が好きになっていただければ
と〜ってもうれしいです。
ブログやってる甲斐がありますよ!
またこのブログに遊びに来てくださいね〜。
コメントも大歓迎です。
Posted by おいら at 2007年03月16日 00:54
こんにちは。
あの廃墟!確か私の子供の頃はロングショッピング?という名前だった記憶が・・・。
サンリオでお買い物したり、レストランが最上階(確か)にあってクリームソーダーを飲んだりしましたよ。
再開発は楽しみでもあり、思い出がなくなってしまう気がして寂しくもあります。。。
Posted by こゆき at 2007年03月16日 23:15
こゆきさん どうも!
ロングショッピングって名称だったんですか?
初めてしりました・・・。
サンリオやレストランがあったのも初耳です。
貴重な情報ありがとうございます。
消えてしまう風景だからこそ、より強く惹かれて
しまいますね。
Posted by おいら at 2007年03月17日 00:33
おいらさん、はじめまして♪
アメ車の写真とサトちゃんの写真、それから、廃棄物がまるでお店を開いている様な写真が特にわたしは好きです。
相模大野は、車でブーンと通り過ぎるだけなので詳しく知らない街ですが、これから通るのが楽しみになりそう。
Posted by チョコっち at 2007年03月17日 22:22
チョコっち さん どうも はじめまして!
>廃棄物がまるでお店を開いている様・・・
なるほど〜!本当にそうですね。
そういう表現がぴったりです。
車でブーンと来て、気が向いたら降りて散歩
してみてくださいね〜!
駐車場は大和パーク駐車場とロビーファイブの
駐車場が安いみたいですよ(笑)
コメントありがとうございました。
Posted by おいら at 2007年03月17日 22:56
私は、サトちゃんの写真のすぐ上の右側、
「銀座通り」を公園前から見渡した写真にちょっと引き寄せられています。
よく通る場所がこんな風に見えるなんて。
あと、2枚目の駅ビルもどでんとして凄い存在感です。
Posted by おーちゃん at 2007年03月18日 16:59
そうそう、ロングビルって言う名前は聞いたことがありますよ。まだ西友がやっていた頃、カバンの女性が歩いているあたりは花屋さんで、人通りも多く楽しい道だった気がしますが・・。
Posted by midori at 2007年03月18日 17:03
おーちゃんさん どうも!
白黒で見ると途端に世界が違って見えてきますよね。
不思議なものです。
色の持つ情報がいかに多いかということに気づかされます。

midoriさん どうも!
西友・・・?
西友もあったんですか!
カバンの女性の歩いている廃墟のあたりには
お花屋さんも・・・。
そんな活気のある通りだったのですねぇ。
Posted by おいら at 2007年03月18日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。