2008年05月22日

相模大野アートクラフト春の市 ご報告写真展 at ギャラリーサガン

先月4月27日(土)開催の 「相模大野アートクラフト 春の市 写真ワークショップ」に参加した
子どもたちが撮影した写真が展示されているとのことで、会場のギャラリーサガンさんにお邪魔した。

artcraft_photo_0001.jpg

以前もこのブログで紹介したことがあるのだが、ここギャラリーサガンさんは相模大野ではたぶん
唯一の常設ギャラリーなんじゃないだろうか?(前回の紹介記事はこちら
アーティストの作品の展示はもちろんだが、こうやって地域住民が作品の発表の場としても利用できる
開かれたギャラリーとして親しまれている。

今回は相模大野アートクラフト 春の市のイベントの一環として行われた写真ワークショップ
報告を兼ねての発表展示だ。

子どもたちがアートクラフト市のお店の人や販売されていたモノなどを対象に撮影した写真を
展示しているのだが、なんと入場無料5月31日までの期間 開催すると言う!
通常ならば一日ギャラリースペースを借りれば、相応の賃料を支払わなければいけないのだが、
オーナーの安藤さんが特別に無償でスペースを提供してくれるのだそう。
(通常ならありえないラッキーだと思う(^_^)

artcraft_photo_0004.jpg
(写真はクリックで拡大します)

ギャラリー全体を使って、子どもたちの写真が飾られている!
いつものアーティスティックな雰囲気とはまた違って、華やかで活気がある感じだ(*^。^*)

artcraft_photo_0003.jpg
(写真はクリックで拡大します)

手づくりのディスプレイが、かえって写真ワークショップの作品発表としてふさわしい感じだ・・・。
文化祭の展示発表のようなカジュアルさが、ギャラリーと言う言葉から感じる敷居の高さを
払拭してくれるので、普段アートっぽいものが苦手な方にも気軽に楽しんでもらえるだろう!

artcraft_photo_0002.jpg
(写真はクリックで拡大します)

アートクラフト 春の市では色々な人たちがボランティアで参加してくれているのだが、
こちらのスペースにはボランティア カメラマンによる写真が飾られていた。
大野住民にはお馴染みの中華料理店「昌龍飯店」の河内店長が撮影した写真の展示も・・・。
昌龍飯店 河内店長のブログはこちらから)

artcraft_photo_0005.jpg

子どもたちの写真には、ワークショップ リーダーである相模女子大 写真部メンバーと
相模大野の写真屋さん写真のポエムさんからの講評がもらえることになっていたようで、
一人一人の写真に対して、きちんと評価がしてあった。
良いところばかりだけでなく、こうしたらより良い写真が撮れるといったアドバイスも書かれていて
読んでいてとても参考になった。
「写真のポエム」さんのようなプロから評価してもらえる機会もそうそう無いので、子どもたちが
これを読んで、これから一層やる気になってくれると面白いなぁ〜!

と言うわけで、ここからは子どもたちの作品とそれに対する講評をアップしてみた。
(ついでなので、おいらもちょっとだけコメントさせてもらっちゃおう(*^.^*)

artcraft_photo_0022.jpg artcraft_photo_0006.jpg
(写真はクリックで拡大します)

2人で1つのカメラを交代で使って撮ったのだが、それぞれ興味を持つものが異なっていて
興味深かった。
モノに対する素直な目線で、綺麗に感じたもの、可愛く感じたものをそのままに切り取っていて
好感が持てた。できれば人物のショットも見たかったなぁ〜!

artcraft_photo_0023.jpg artcraft_photo_0009.jpg
(写真はクリックで拡大します)

人物を撮りたい!そういう気持ちが伝わってくる写真だった。
一生懸命に何かを作っている人の真剣な表情をとらえていて、アートクラフト春の市の雰囲気が
良く撮れているなぁ・・・。

artcraft_photo_0021.jpg artcraft_photo_0008.jpg
(写真はクリックで拡大します)

人もモノもバランスよく撮っていて、アートクラフト春の市ってこんなだったよ!と伝えるには
最適かも!
お店の人たちにきちんと挨拶してから撮影していて、礼儀正しいカメラマンだった(*^。^*)
これからが楽しみ!

artcraft_photo_0019.jpg artcraft_photo_0007.jpg
(写真はクリックで拡大します)

必要に応じて縦位置、横位置を使い分けていてセンスがあるなぁ〜!
構図もGOOD! 撮影の対象として選んだものも素敵なものばかりだった。

artcraft_photo_0020.jpg artcraft_photo_0010.jpg
(写真はクリックで拡大します)

トリミングしなくても絶妙なバランスで構図が決まってる!
必要な情報が一枚に収まっていて良い感じ!

artcraft_photo_0018.jpg artcraft_photo_0011.jpg
(写真はクリックで拡大します)

タウン誌の中でも使えそうなショットが多くて、バランス感覚に優れている感じだ〜!
なんか小学生が撮った写真とは思えない完成度にびっくり!

artcraft_photo_0017.jpg artcraft_photo_0012.jpg
(写真はクリックで拡大します)

2人で交代で撮っていた。
人物の良い表情をベストなタイミングで撮っていて感心しちゃった・・・。
アートクラフト春の市の模様を撮影しに来ていたJ-COMのカメラクルーの後姿を、
対象に選ぶところなんて目の付け所が良いよね!

artcraft_photo_0016.jpg artcraft_photo_0013.jpg
(写真はクリックで拡大します)

モノの質感を追い求めるところは、物撮りカメラマンの素質がありそう!
ホワイトバランスの設定ミスで全体が青みがかって写ってしまっているのだが、それが却って
アートっぽくてGOOD!

artcraft_photo_0027.jpg artcraft_photo_0014.jpg
(写真はクリックで拡大します)

撮りたいものをどこから写すか 真剣に考えてから撮ったんだろうなぁ〜。
構図がGOOD! 同じものを写しても、どの位置で写すかによって印象が変わってくるから、
じっくり探して撮れば、こんなふうに格好よく写せるんだね〜!

artcraft_photo_0032.jpg
(写真はクリックで拡大します)

そして、今回のワークショップ リーダーの相模女子大 写真部 有志の作品。
撮影している子どもたちの様子をしっかりとらえている。
さすが写真部って感じだ・・・・(*^。^*)
写真部とはいえ、知らない人の写真を撮るチャンスってなかなか無いだろうから、このワークショップ
良い機会だったんじゃなかろうか?

しかし・・・最近は本当に写真が撮りにくい時代になったよなぁ・・・ε= (´∞` )
(特に人物写真は色々 根回しが必要なんで、大変なのだ)

artcraft_photo_0015.jpg
(写真はクリックで拡大します)

噂ではなかなか講評だったらしいこの写真ワークショップ
相模女子大 写真部の方々の強力がなければ出来なかったわけで、今更だがお疲れ様でした〜!
またこういう楽しい企画をお願いしますよ〜(^_^.)

artcraft_photo_0029.jpg  sagan_9338.jpg
(上写真左は展示スペースを提供してくださったギャラリーオーナーの安藤さん)


この「相模大野アートクラフト 春の市 ご報告写真展」
5月31日(土)
まで入場無料で見られるので、お近くの方は是非、
子どもたちの実際に写した才能あふれる写真に触れてみてくださいね〜!


「相模大野アートクラフト 春の市 ご報告写真展」

期間:5月14日(水)〜5月31日(土)

場所:ギャラリーサガン
    神奈川県相模原市相模大野6−18−11

時間:11:00−18:00

定休:火曜日  

電話:042-765-2908

ギャラリー サガンHPはこちら


posted by おいら(妄想の貴公子) at 19:40| ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホームページに注目ブログとして、
紹介されていたのでクリックしてみました。

と〜ってもカワイイ、ステキなブログですね。


Posted by 由香 at 2008年05月22日 20:59
イベントの後にちゃんとこういう場が
提供されるのってホント素敵ですよね〜。
講評を読んでいて、なんだか感動しちゃいました。
これは是非サガンさんにも行きたいと思います。
(でもボロボロ泣いちゃって変な人になるかも?!)
Posted by ぱすた at 2008年05月22日 22:35
ちゃんと展示会までするんですね〜。
相模大野の連携を感じます。
いろんなお店がボランティアで協力してるのは知りませんでした。
Posted by 舞 at 2008年05月23日 07:53
由香さん どうも!
相模大野ネタ限定なので、非常に限られているのですが
なんとか続けています(笑)
また遊びに来てください。

ぱすたさん どうも!
写真のポエムさんやサガジョ写真部さんの
講評はきちんとかかれていてすごく良かったです。
是非実際の写真を見に行かれてくださいね〜!

舞さん どうも!
確かに相模大野の連携を感じます。
相模女子大 写真部の協力、ギャラリーサガンさんのスペース提供、
昌龍飯店さんの写真に、ぽえむさんの講評と・・・
その他にも地元の方々が協力して実施された
イベントだったことを改めて感じましたよ〜!
Posted by おいら at 2008年05月23日 10:01
一人一人に丁寧な講評が書かれてあるって
とても嬉しいですょね(*´-`*)ゞ
ちゃんと見てくれてるんだぁ〜っと思えるし
満足感がありますゎ
Posted by あいりっしゅ at 2008年05月23日 19:44
私も一昨日の水曜に見に行ってきました。
あのターコイズブルーの写真はホワイトバランスミスだったのですね。思いも寄らないことでかえって味がある写真になるなんて、写真って面白いですね。

来週は北口商店会でポエムさんにお願いして写真のことを教えてもらう勉強を開いてもらいます。今から楽しみです!
Posted by オリエンタル at 2008年05月23日 21:56
あいりっしゅさん どうも!
本当に丁寧な講評だと思いました。
これがきっかけで将来の有名カメラマンが誕生
することだってあるかもしれませんよね〜!

オリエンタルさん どうも!
思いもよらない結果が却って芸術性を高めてましたよね!
それにしても小学生とは思えないショットが多くて
驚きました!
ポエムさんの勉強会面白そうですね〜!
レポート期待してます(*^。^*)
Posted by おいら at 2008年05月23日 22:18
初めてカキコします。百日紅です。
イベントの絞めがきちんとしていて素晴らしと思います。
写真の勉強会はいいですね。
Posted by 百日紅 at 2008年05月25日 18:36
百日紅さん どうも!
確かにシメは大切ですよね(*^。^*)
相模大野の商店街の協力あってですね〜。
またこのブログにも遊びに来てください。
Posted by おいら at 2008年05月25日 23:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。